• ホーム
  • 芸能
  • 【西郷どん】尾上菊之助、鈴木亮平と海へ「現場は刺激的でした」

【西郷どん】尾上菊之助、鈴木亮平と海へ「現場は刺激的でした」

「大君のためには 何か惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも」――京都・清水寺内の成就院住職である月照が、西郷隆盛とともに鹿児島・桜島が浮かぶ錦江湾に入水した際に詠んだ辞世の句として伝わる。NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』で月照役を演じている歌舞伎俳優の尾上菊之助は、「無念だったと思います」と想像を巡らせた。

月照は、和歌を通じて公家・近衛家の信任を得て、そこで薩摩藩との縁が生まれ島津斉...

この記事の画像

  • 大河ドラマ『西郷どん』京都・清水寺内の成就院住職・月照を演じる尾上菊之助(C)NHK
  • 5月6日放送、大河ドラマ『西郷どん』第17回「西郷入水」より。薩摩へ逃げる月照(尾上菊之助)と吉之助(鈴木亮平)(C)NHK

オリコントピックス