• ホーム
  • 音楽
  • Sexy Zone、過去最大規模ツアーの秘密兵器は“からあげ”? 新曲も初歌唱

Sexy Zone、過去最大規模ツアーの秘密兵器は“からあげ”? 新曲も初歌唱

 人気グループ・Sexy Zoneが2日、横浜アリーナでライブツアー『repainting Tour 2018』公演を開催した。今までのグループに新しい「色」を塗り足す“repainting”をテーマに掲げた同ツアーでは、自身初の宮城・静岡公演も実施。全国7都市24公演の過去最大規模となり、7日の千秋楽まで30万6000人動員を予定している。最年少・マリウス葉(18)も今春より大学生となり、ぐっと大人っぽさが増した5人によるステージでは、ちょっと大胆なダンスから大型装置を駆使した幻想的な演出などその名の通り、新たな“色”が加えられ、約2時間半で30曲を熱唱した。

【写真】その他の写真を見る


 冒頭から一人『AI』Mariとして近未来的な演出で登場したマリウスは、英語を駆使したスピーチであいさつ。中盤の『PEACH!』では恋愛シミュレーションゲーム風企画として、菊池風磨(23)がプレイヤーとなって、薔薇を片手にした中島健人(24)が甘いせりふでファンをメロメロに。

 ユニット曲のコーナーでは、松島聡(20)がサングラス着用でタモリ風?に進行。中島・マリウス・松島による「Luv Manifesto」では華麗なフィンガーダンスで魅せ、佐藤勝利(21)・菊池による「Sing along song」では佐藤がかき鳴らすギター演奏に載せてパフォーマンス。また、中島のソロ曲「Mission」では衣装を脱ぎ捨て、引き締まった肉体美を披露。まさにカラフルな個性で横アリを彩ってみせた。

 この日は佐藤が出演している日本テレビ系連続ドラマ『Miss デビル 人事の悪魔・椿眞子』の主題歌となっている新曲「イノセントデイズ」(6月6日発売)を初披露。佐藤が「『イノセントデイズ』歌っちゃう?」と煽れば、ファンはこの日一番の歓声で応えた。

 そして目玉となったのは総重量22トン超えの『SEXYリフターZ』。「Fantasy〜1秒の奇跡〜」など終盤、3曲では最大3.7メートルまでせり上がり、計864本のレーザーポインターで迫力あふれる光の演出が登場。ステージは5分割され、別々の動きをみせながら最後の曲へと突入した。

 大仕掛けを詰め込んだみどころを最後に残すことに、公演前の会見では菊池が「お弁当では好きなものを最後に残すタイプ」と例え、中島が「からあげとかエンディングに食べる」と食いついたことで、「僕らにとっては『SEXYリフターZ』はからあげってことで!」と茶目っ気たっぷりにまとめていたが、最後の最後でのロマンチックな空間にその場のファンをうっとりさせた。

 今夏には日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ』チャリティーパーソナリティーにも起用され、新たな挑戦も控える。菊池は「新たな景色をみるために、今ある色に新しい色を塗り足して冒険したいと思います」と奮起し、中島は「必ずナンバー1を獲ります。僕たちの時代を必ず作ります」と力強く約束していた。



関連写真

  • Sexy Zone (C)ORICON NewS inc.
  • Sexy Zone (C)ORICON NewS inc.
  • マリウス葉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス