アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『フォースの覚醒』以前の物語がアニメシリーズに 米国で今秋から放送

『フォースの覚醒』以前の物語がアニメシリーズに 米国で今秋から放送

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)以前の物語を描いたアニメシリーズ『STAR WARS RESISTANCE』(原題)が制作され、今秋、米ディズニー・チャンネルで初放送されることがわかった。その後、ディズニーXDでも放送される。日本での放送については、決定次第発表される。 制作はルーカスフィルムで、米ディズニー・チャンネルが発注した。

 『STAR WARS RESISTANCE』は、拡大するファースト・オーダー軍の脅威を探る極秘ミッションを受けたレジスタンス軍の若手パイロット、Kazuda Xionoの冒険を描く。スター・ウォーズならではの高空飛行アドベンチャーを物語の中心とし、人気ドロイドのBB-8をはじめ、多彩な新キャラクターも登場。映画と同じく、ポー・ダメロンとキャプテン・ファズマも登場し、その声をオスカー・アイザックグェンドリン・クリスティーが担当する。

 ルーカスフィルム・アニメーションのベテラン、デイブ・フィローニ監督(『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』)は、「本作のアイディアは、第二次世界大戦時の戦闘機とパイロットへの関心から生まれました。私の祖父がパイロット、叔父が飛行機に関する仕事をしていたので、私自身、大きな影響を受けています。スター・ウォーズには、ハイスピードレースの長い歴史があり、そのわくわくする世界観をアニメ風スタイルで描くことは、チーム全員が長い間望んでいたことです」とコメント。

 また、ディズニーXDの編成担当シニア・バイス・プレジデントでゼネラルマネジャーのマーク・ブーハイ氏は、「ルーカスフィルムの同僚たちは、スター・ウォーズの世界でこれまで語られなかった、素晴らしい物語を生み出してくれました。本作では親しまれたキャラクターと新しい仲間が登場し、思いやりとユーモアがあふれる魅力的な物語を、世代を超えた人々にお届けします」と、アピールしている。

 そのほかのスタッフは、エグゼクティブ・プロデューサーに、アテナ・ポルティージョ(『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』)、ジャスティン・リッジ(『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』)、ブランドン・アウマン(『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』)。アートディレクターはエイミー・ベス・クリステンソン(『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』)が務める。



オリコントピックス