• ホーム
  • 芸能
  • シャネルも注目するバレエダンサー・飯島望未に密着

シャネルも注目するバレエダンサー・飯島望未に密着

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。1日の放送では、アメリカ5大バレエ団の1つであるヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未(26)に密着した。

【写真】その他の写真を見る


 母子家庭で育った彼女は6歳でバレエを始めたが、経済的な理由で家族から「お願いだからバレエをやめて欲しい」と言われていた。絶対バレエをやめたくなかった彼女は、「短期間でプロにならなければ後がない」と、15歳で単身渡米。研修生として過ごし、1年後に実力を認められプロのバレエダンサーとなる。所属するヒューストン・バレエには世界中から約60人のトップダンサーが集まりしのぎを削るが、彼女は最上位のプリンシパルに次ぐファーストソリストとして活躍している。

 一方、従来のバレリーナの枠にとらわれないヘアスタイルやファッションがSNSで注目を集め、広告や雑誌に取り上げられるファッションアイコンとしても知られる。その活躍ぶりがシャネルの目に留まり、新作ウォッチのアンバサダーに抜てきされた。

 ファッション界からも注目を集める飯島だが、バレエを中心とした日常は非常にシンプルだ。同じカンパニーの仲間たちとは普通に会話は交わすものの、必要以上に親しくなることはない。かつて自分が良い役をもらった時に、親しかった友達が口をきかなくなったことがあったという。だが、彼女は「嫉妬して当たり前の世界にいるわけやから」と、寂しさをまったく感じさせない。さらに、「絶対同じバレエダンサーと付き合いたくない」という恋愛事情やトレーニング、食生活、自宅での過ごし方など、バレエダンサーのリアルな日常が彼女の口から次々に語られる。

 バレエダンサーとして「自分にしかできない踊りをするだけ」と自分らしさを貫く飯島。「嫉妬は当たり前」の過酷な世界で戦う彼女の「セブンルール」とは?



関連写真

  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ
  • 5月1日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ヒューストン・バレエに所属するバレエダンサー・飯島望未に密着(C)カンテレ

オリコントピックス