• ホーム
  • 芸能
  • 桂ざこば、『そこまで言って委員会』パネリストとして復帰「ホッとしました」

桂ざこば、『そこまで言って委員会』パネリストとして復帰「ホッとしました」

 読売テレビの『そこまで言って委員会NP』(毎週日曜 後1:30)のレギュラーで、療養のため番組出演を休んでいた桂ざこばが27日、5月6日放送分の収録に参加した。昨年5月に緊急入院し、「左中大脳動脈閉塞症・塞栓性脳梗塞」と診断された。昨年6月6日放送分以来となる、パネリストとして復帰。司会の辛坊治郎渡辺真理に「ざこば師匠の登場です!」と呼び入れられたざこばは紺のスーツ姿でスタジオに登場、大きな拍手に迎えられ笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 辛坊から体調を聞かれたざこばは、リハビリで回復しているが、言葉がスムーズに出ない時があることを告白。するとパネリストの長谷川幸洋(ジャーナリスト)が「最近、会話で『あれ』『これ』ばかりで、言葉が出ない…」と言うと、「俺よりひどい!」と間髪入れずに突っ込み、そこは昔取った杵柄。

 続けて辛坊が「新会長は(落語が)お上手なんですか?」と、上方落語協会会長に決まった笑福亭仁智に話題を振ると「僕より巧い人はいない!」と即答し、スタジオ内を笑わせるなど、全くブランクを感じさせない元気なやりとりを見せた。この回は「これで安心!『こころとカラダ』春の健康診断スペシャル」として、「心」と「体」の専門家が出演し、現代人が抱えるストレスや心の不調、体の不調などについて徹底解明する。

 収録後、ざこばは「辛坊さんが上手に振ってくれて、めちゃくちゃ楽でした。自分の心の中では『まだ完璧でない』と感じるんやけど、みんなが『倒れる前と変わらないです』と言ってくれて…そうなんかなあ? ホッとしました」と笑顔。辛坊は「どうも、病気で倒れる前よりも確実にパワーがアップしてますね。一年の療養が良かったんではないでしょうか(笑)。番組スタートの頃のざこばさんが帰ってきたような気がします」と、復帰を喜んでいた。

 同日行われた4月29日放送分の収録には、桂米團治が初出演。辛坊から、米朝事務所の社長に就任した件から「ざこばさんが部下なんですね!」と振られると「南光、ざこばを追い抜いて社長になりました」と笑顔で答え、現在空席となっている米朝の名跡について聞かれると「米朝の名前を売ろうかと…」と、ビジネスを優先する社長らしさを見せながら、しかし米朝一門と北朝鮮情勢を絡め、「『米朝問題』ですね」と笑いを取る場面もあった。

 この回は「緊急救命!『ニッポンの膿出し切りスペシャル』」として森友・加計問題や、外交問題など、今、日本が抱えるさまざまな問題に対し「膿を出し切る」べく、財務省、外務省、厚労省、経産省の元官僚4人が緊急出演し、パネリストと徹底討論する。



関連写真

  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ
  • 葉がスムーズに出ない時があることを告白
  • 司会の辛坊治郎(C)読売テレビ
  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ
  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ
  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ
  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ
  • 桂ざこばが5月6日に読売テレビで放送される『そこまで言って委員会NP』にパネリストで復帰(C)読売テレビ

オリコントピックス