• ホーム
  • 芸能
  • 小林綾子『おしん』以来、約35年ぶり朝ドラ出演「うれしく」

小林綾子『おしん』以来、約35年ぶり朝ドラ出演「うれしく」

 女優・小林綾子(45)が、広瀬すず(19)がヒロインを務める、2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が26日、発表された。第31作『おしん』以来、約35年ぶりに朝ドラに帰還し、同日に同局内で行われた会見に出席した小林は「月日の経つのは早い。原点となった朝ドラに参加することができまして、うれしく思っています」と喜びを語った。

【写真】その他の写真を見る


 本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長。高校卒業後、上京して、当時、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。

 小林が演じるのは戦後、東京から入植し、なつに絵心を教えた青年画家・山田天陽(吉沢亮)の母・タミ。「東京育ちでおっとりとしていて農業は苦手。近所の人とも交流をしない設定。なつさんのアニメーターとなるきっかけの天陽の母としてなっちゃんを支えていければ」とサポートを誓った。

 このほか、なつのたった一人の兄・奥原咲太郎を演じる岡田将生、なつの新しい家族となる柴田牧場のキャストとして草刈正雄(柴田泰樹)、松嶋菜々子(柴田富士子)、藤木直人(柴田剛男)、清原翔(柴田照男)、福地桃子(柴田夕見子)、小林隆(戸村悠吉)、音尾琢真(戸村菊介)、十勝の菓子屋『雪月』の人々として安田顕(小畑雪之助)、高畑淳子(小畑とよ)、山田裕貴(小畑雪次郎)、天陽の父でタミの夫・正治は戸次重幸が演じる。

 会見に同席した広瀬は「朝ドラが決まってから半年経って。時間が経つのは早いなと思いながら本当にだんだん始まるんだと実感しています。なっちゃんとかなつとか呼んでくださったり、前回の会見の直前に『日本中から愛される『なっちゃん』になってください』といただいて、皆さんの言葉をきいて100作目だしプレッシャーを感じています。力不足だと思いますが、皆さんのお力をお借りしていろんな空気を吸って頑張れたら」と意気込みを語った。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』に出演する小林綾子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』に出演する(前列左から)吉沢亮、岡田将生、草刈正雄、広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人、小林綾子(後列左から)山田裕貴、高畑淳子、安田顕、音尾琢真、小林隆、清原翔、福地桃子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス