• ホーム
  • 芸能
  • 稲村亜美、ウエイトレス役で“神サーブ” 人気ミステリーにゲスト出演

稲村亜美、ウエイトレス役で“神サーブ” 人気ミステリーにゲスト出演

 タレント・稲村亜美が、テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長season3』(毎週木曜 後8:00)第3話(26日放送)にゲスト出演する。白ワイシャツに黒のベスト&タイトミニスカートの清楚系コスチュームで登場。コーヒーをサーブするシーンや、事情を聴きにやって来た刑事たちに証言するシーンなどを自然体で演じた。

 同ドラマはヒラから這い上がった “叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く人気シリーズ。第3話は、スクランブル交差点で男性の刺殺体が発見されたところからはじまるストーリー。 数多くの歩行者がいたはずなのに、誰一人として刺された瞬間を目撃していないことが判明。まもなく平凡な主婦・多治見透子(青山倫子)が容疑者として浮上するが、取り調べにやって来た彼女は、普段の地味な姿から一変、美しく変貌を遂げており、大岩や萌奈佳(安達祐実)らを驚愕させる。

 稲村が演じるのは、容疑者の透子が事件直前、被害者と共に立ち寄った喫茶店で働くウエイトレス。今回がミステリードラマ初出演となった稲村は「今までお芝居には縁がなかったので震えました…」と、オファーを受けたときの心境を告白。「監督からは『自然な感じで』とアドバイスされました。昔、アルバイトをしていた時の感覚を思い出して明るく元気に演じました」。

 出演シーンの注目ポイントを聞くと、「コーヒーカップの音を立てないように置いたのでぜひ、音が立ってないか確認してください!」と、“神スイング”ならぬ“神サーブ”(?)をアピール。さらに、「いつもとは違うウエイトレスの衣装を着ているので、また違った稲村亜美が見られると思います!」と、見どころを語っていた。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長season3』第3話(4月26日放送)に稲村亜美がゲスト出演。衝撃の目撃証言を告げるウエイトレス役(C)テレビ朝日
  • タイトなミニスカートから美脚がのぞく(C)テレビ朝日

オリコントピックス