• ホーム
  • 芸能
  • 波瑠、柔道に初挑戦 工藤阿須加を投げ飛ばす 代役無しの体当たり演技

波瑠、柔道に初挑戦 工藤阿須加を投げ飛ばす 代役無しの体当たり演技

 女優の波瑠が、人生初の柔道着姿を披露した。自身が主演するテレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の第3話に、柔道のけいこシーンがあり、波瑠が演じる肉体派熱血刑事・矢代朋が、同期の刑事・岡部守(工藤阿須加)を投げ飛ばす一幕で、投げるのも、投げられるのも、すべて本人たちが演じたという。

 ドラマは、朋と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリー。朋は柔術に長けているという設定だが、波瑠は今回の撮影で初めて柔道場を訪れたという。

 人生初の柔道着姿は「着こなせている感じはしない」と苦笑いしていたが、その姿はとても凛々しく、現場のスタッフはみんな惚れ惚れとしていたとか。「周りで稽古をしている方々がバンバン技をかけていくから、柔道場はずっと床が揺れている(笑)! こんなに弾んでいる部屋は初めてです。柔道ってスゴイですね!」と、新鮮なリアクションを見せていた。

 当初、投げ技のくだりは代役を立てる予定だったが、撮影現場で急きょ計画が変更され、すべて本人たちが演じることになったのだが、現場で指導の先生に手ほどきを受けた波瑠は「相手の身体の持ち方や重心の移動も含め、簡単なことはひとつもなかったです」と、柔道の難しさを痛感。そんな中、「投げ技では投げられる側の方が大変! 私が下手に投げて、工藤くんが必要以上に『痛い!』となったら申し訳ないし、一生懸命サポートをしたい」という思いのもと本番に挑み、“初心者とは思えない圧巻の見栄えながらも、実は安全な投げ技”を見事に決めた。

 一方、より迫力をつけるために設置された台に乗り、高さをつけた状態から投げ技をかけられることになった工藤は「代役の方がいると聞いていたので、現場で自分がやると聞いてビックリしました!」と、目をパチクリ。しかし、もともと運動神経がよく、アクションにも自信があるという工藤は「アクションや殺陣はなるべく自分自身でやりたいと思っている」そうで、この日の撮影も前向きに挑むことに。撮影後も「恐怖心はなかったです」と、頼もしいコメント。「柔道着は着心地良くてラクですね」と、爽やかな笑顔をこぼしていた。

 なお、きょう4月26日放送の第2話では、12年前の未解決事件と最新事件で思わぬ関連性が浮き彫りになる“2つの誘拐事件”を捜査。「かもめ」という謎多きキーワードを手掛かりに、朋と理沙が驚きの真相をひも解いていく。さらに、この回では理沙が人嫌いになった理由も明らかになる。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話(5月3日放送)柔道のけいこシーンを撮影した波瑠と工藤阿須加(C)テレビ朝日
  • 柔道着姿も初めての波瑠(C)テレビ朝日
  • 波瑠が工藤阿須加を投げ飛ばす(C)テレビ朝日

オリコントピックス