• ホーム
  • 芸能
  • 中村アン&古川雄輝&大谷亮平、ドラマ原作者からの“似顔絵”に歓喜

中村アン&古川雄輝&大谷亮平、ドラマ原作者からの“似顔絵”に歓喜

 女優・中村アンが主演している読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『木曜ドラマF「ラブリラン」』(毎週木曜 後11:59)の撮影現場を原作者の漫画家・天沢アキ氏が訪問。5月25日発売の漫画雑誌『Kiss』7月号(講談社)掲載『ドラマ撮影現場レポ漫画』のため、現場を見学した天沢氏から主人公・南さやか役の中村、さやかと同棲中のドS男子・町田平役の古川雄輝、さやかの15年間もの片思い相手・鷺沢亮介役の大谷亮平へと似顔絵がプレゼントされた。中村は「とてもかわいくて永遠に心に刻まれました。これを見たらさやかとして過ごした日々をこれから先も思い出せます! 撮影も見ていただけてとてもうれしいです」と歓喜した。

【写真】その他の写真を見る


 似顔絵は初挑戦という天沢氏だが、古川は「うれしいです。目の書き方がすごく似ていて、表情・振り向きの角度だったりと町田の特徴をかなりとらえつつ、“漫画の町田”でなく“僕の町田”を描いてくれているのでとても貴重な1枚です。部屋に飾る棚があるので一番良いところに飾りたいと思います」と仕上がりに大満足。大谷も「原作と違うひげを足してもらったのが僕としてはすごくうれしいです! 似顔絵を描いていただけると最初に聞いた時には『ひげあるのかなー?原作に近いものになるのかなー』って色々思っていたんですけど、僕よりハンサムに整えて描いていただけて、ますます頑張らないと」と改めて奮起していた。

 撮影現場では“町田の部屋”をカメラに収めながら、演じているキャストたちや、現場スタッフたちの動きなどを見学した天沢氏。「一つのシーンをキャストの方や大勢のスタッフさんが真剣に丁寧に作られていたのに驚きました」と独特の雰囲気に圧倒されながら「何度も同じシーンをカメラの角度を変えて撮るのをみてすごい大変だなと思いました。町田の部屋は、リビングはリビング、寝室は寝室みたいにひとつずつ別々にあるのかなと思っていたので、セットを見てちゃんと家として出来上がっていることにも驚きました。ドラマ撮影現場レポ漫画に町田の部屋間取り図を描きたいと思います」とアイデアも生まれた様子。

 自分の生み出したキャラクターを演じる中村について天沢氏は「ドラマを見ていても実際にお会いしてもとても可愛らしい感じが、さやかのイメージにぴったりだと思いました。20代30代ぐらいの視聴者が多いと思うんですけど、さやかのファッションは真似したくなるようなファッションだと思いました。この先のさやかファッションもすごく楽しみです」と期待を寄せた。

 古川については「原作の町田よりスタイルが良くって佇まいも少女マンガっぽくてかっこいいなと思いました。“声”も良いですね。切ないシーンとかも“ぐっ”とくる感じがいいです。また、古川さんのカメラが止まったときのはにかみ顔が素敵でした。ドラマの中では見ない顔だなと思って『あー残念』って思いました。これからいろんな表情が見られたらって思います」とドラマならではの展開を楽しみにしていた。



関連写真

  • 読売テレビ・日本テレビ系連ドラ『木曜ドラマF ラブリラン』に出演する古川雄輝、中村アン、大谷亮平 (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系連ドラ『木曜ドラマF ラブリラン』原作者・天沢アキによる古川雄輝、中村アン、大谷亮平の似顔絵 (C)読売テレビ

オリコントピックス