• ホーム
  • 芸能
  • スポーツ選手たちの知られざるお金の苦労を“号外スクープ”

スポーツ選手たちの知られざるお金の苦労を“号外スクープ”

 中居正広が号外スクープ級の秘話&極秘映像で一流アスリートたちの魅力に迫るテレビ朝日系スポーツ特番『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』が23日(後 8:20〜9:48)に放送される。今回は、競泳、卓球、スピードスケートなど、現役を退いた今だから明かせるスポーツ界のお金事情、華やかなだけではない、スポーツ選手たちの知られざる苦労をスクープする。

 オリンピックでメダルを獲得した選手に、JOC(日本オリンピック委員会)から支払われる報奨金。そのほかに各連盟や所属会社などからも報奨金が支払われ、メダリストたちは一見、高額の報奨金を手にしたように見える。しかし、それらのお金はすべて彼らの“好きなように”使えるというわけではない。

 スタジオにはマラソン界のレジェンド・瀬古利彦、ロンドン五輪にも出場した元体操日本代表の田中理恵、北京・ロンドン・リオと五輪3大会連続でメダルを獲得した元競泳日本代表の松田丈志、ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得した平野早矢香など、そうそうたるメンバーが集まり、現役時代には決して言えなかったお金に関する苦労話を赤裸々に語る。

 ロンドン五輪後、所属会社からも報奨金をもらい、自身のモチベーションアップのために、ある大きな買い物をしたという競泳の松田。それまでにも遠征費や現地での宿泊費、食費等を、自分の分だけでなくコーチやトレーナーの分まで負担していたため、一回の遠征で300万円ほどもかかっていたことがあったという。

 スノーボードの岩垂かれんは遠征費等のほかに用具のメンテナンス代なども大きな支出だと告白。特にスノーボードに塗るワックスは絶対に必要だが、値段がバカにならない。年間10万円はかかるという。そのため、スノーボード選手たちは、オフシーズンの間は、農家などで住み込みのアルバイトをし、冬に向けた資金を貯めているケースが多いと明かす。

 ほかにも、清水宏保はスピードスケート選手たちがなぜあんなにも大荷物で飛行機から降りてくるのかも説明。それは、トレーニング用のロードバイクやスケート靴の研磨台や研ぎ石などを持参しているためで、毎回搭乗のときには預け入れ荷物の超過料金を支払っていることも明らかに。その超過料金の額も、まさかの値段。MCの中居も驚きの声を上げていた。

 さらに、各競技の選手たちから見た「あの競技のココがうらやましい!」という思いを打ち明けるコーナーも。タイムを競う競技の選手たちにとっては、採点競技の華やかさがうらやましかったり、ゲーム性がある競技がうらやましかったり、とまさに現役の頃は思っていてもなかなか言えなかったことを、この機会にぶちまける。競泳選手、体操選手、スケート選手たちはいったいどんな競技をうらやましく思っていたのか。



オリコントピックス