• ホーム
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】阿部寛、相思相愛の鶴橋監督と映画製作に感慨 早くも次作オファー

【沖縄国際映画祭】阿部寛、相思相愛の鶴橋監督と映画製作に感慨 早くも次作オファー

 俳優の阿部寛が21日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』内で開催された映画『のみとり侍』(5月18日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、綿密な時代考証を基にユーモアを交え当時の社会を表現する歴史小説の第一人者・小松重男氏の傑作短篇集『蚤とり侍』。その内の人気エピソードを基に『後妻業の女』の鶴橋康夫監督自身が物語を再構築し、監督・脚本を一手に担う。作中では、江戸時代に実在した猫の“のみとり”稼業を中心に描かれる。

 上映後の舞台あいさつだったが、濡れ場もあることから阿部は「恥ずかしいですね」と照れた。鶴橋監督は「いい体でしょ。彼じゃなかったら、この作品は実現しなかった」と肉体美を絶賛した。

 その後も鶴橋監督は念願かなって実現した阿部主演の映画に笑顔が止まらなかった。「彼は大学の後輩。30年以上前から会っていますが、かわいい。彼の作品はずっと見ている。たぶん僕が第1番のファン。早く一緒に仕事をしたいと。今、2人で立っているのが光栄」と目尻を下げた。そして「真面目な人であり、愛の人。スタッフ、キャストも1日ごとに彼を好きになっている」と称賛の言葉が止まらなかった。

 一方の阿部も鶴橋監督への敬意を口にする。俳優を志して事務所に所属した際の食事会で鶴橋監督と同席したという。「事務所に入って2日ぐらい。そこで、すごい監督が来てるからと紹介された。大竹しのぶさん、奥田瑛二さんとかも来ていた。役者から、すごく信頼されて、愛されて、尊敬されているんだなと。社長に『阿部も将来、こういう監督とできるといいな』と言われていた。監督の雰囲気って、すごいなと思った」と懐かしんだ。

 そして「30年、経ちました。がっつりやらせていただくのは初めて。若いころの、その日を忘れられない。僕にとって鶴橋監督の作品に出るというのは非常に感慨深い。30年前に思った監督の偉大さが僕の中で蘇ってきます」としみじみ語っていた。

 相思相愛っぷりは続く。鶴橋監督は「君とこうやって立っているのが不思議。今までで、もしかしたら1番うれしい日かも。君は、どうなんだ。ちゃんとした女優かなんかいた方がいいんだろ。しかし、俺は君といるのが夢みたい。だから、自分で何をしゃべっているのかわからない」と阿部を“独り占め”していることに興奮気味。そして「もう1回、時代劇をやりたい」と熱烈なオファーし、阿部も「日本の誇る時代劇は京都に行く、だいぶ減っているみたい。悲しい思いがある。今まで見たことのない時代劇だと思いますし、これを機に時代劇が栄えてほしい。また、鶴橋監督にもお力を借りて、いろんな作品を撮っていただけたら」と前向きだった。

 今年で10回目を迎える同映画祭は、那覇市、北中城村などで22日まで開催中。沖縄をエンターテイメントあふれる島にすることを目標に実施され、「ラフ&ピース」のコンセプトに沿った作品を上映される。22日には国際通りでレッドカーペットも行われる。



関連写真

  • 相思相愛だった阿部寛と鶴橋康夫監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 鶴橋監督への敬意を語った (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『のみとり侍』の完成披露舞台あいさつに登壇した(左から)鶴橋康夫監督、阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『のみとり侍』の完成披露舞台あいさつに登壇した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス