• ホーム
  • 芸能
  • 白石麻衣、なぜか机の上に横たわり…『やれたかも委員会』映像解禁

白石麻衣、なぜか机の上に横たわり…『やれたかも委員会』映像解禁

 MBSで22日深夜、TBSで24日深夜、ドラマイズム枠でスタートするドラマ『やれたかも委員会』の30秒PR映像が解禁された。

 「あのとき、こうしていれば…もしかしたら、もしかしたかも!?」「違う行動を起こしていれば、今とは違う自分になれていたかもしれない…」。誰もが一度は経験しているであろう、「やれた」「やれなかった」につながる、一瞬の、そして紙一重の決断。「やれた」から心に残るとは限らない。「やれなかった」からこそ消えない想いがある。青春の甘い想い出と、ひと言では括れない人生のあらゆる可能性、岐路を鋭くも優しく検証する。それが「やれたかも委員会」。

 WEBサイト「note」で公開され、「cakes」で連載中の同名の原作は、読者の共感を呼び、WEBを中心に話題となった。ドラマでは、異性との結局「やれなかった」過去のエピソードにとらわれた相談者が、「やれたかも委員会」の前で独白して果たして「やれた」のか「やれたとは言えない」のか判定を仰ぐという一話完結のストーリーで展開していく。

 「やれた」のか、「やれたとは言えない」のかをあらゆる角度からジャッジする「やれたかも委員会」メンバーには、佐藤二朗白石麻衣山田孝之をキャスティング。今回、公開されたPR映像では、冒頭の「なぐさめにきてやったぞ」と絶妙に心地よい、上から目線で優しくほほ笑む、「お米編」の川上ヒロミ(武田玲奈)の姿に思わずドキっとさせられ、すでに何かが起こりそうな予感が…。そして次々と「やれたかも委員会」を訪れる相談者と、相談者が語る忘れがたき(でも、結局はやれなかった)夜の相手役が登場。

 誰もが、一瞬でも気をゆるめたら恋に落ちてしまうほど魅力的な女性たちの振る舞いは、なんらかの“サイン”なのか、“愛のメッセージ”なのか、それとも!? 世の男どもは、委員会を訪れる相談者と同様に思わずムズムズと反応し、“やれたかも”と淡い期待を抱いてしまうのではないだろうか。

 一方、「やれたかも委員会」委員会室の机に普通に横たわる、月綾子(白石)の姿も。緊迫した空気の中、なぜあのような体勢なのか謎だが、いつも女性的視点で手厳しく、男女関係や駆け引きの分析をする彼女のことだから、大きな意味があるに違いない? 体当たりで検証・議論する能島譲(佐藤)とオアシス(山田)の様子からも、親身になって相談者に寄り添い、妥協を許さない「やれたかも委員会」の姿勢がうかがえる。

 そして、終盤で映し出される相談者たちの表情が、なんとも印象深い。「私はやれたぁ!!!!!」と雄叫びを上げて感情を爆発させる、「クラブナイト編」の芳村朔太郎(浜野謙太)。うって変わって、「やれたのかぁ」と静かにまぶたを閉じて天を仰ぐ、「山なみ編」の増田伸照(間宮祥太朗)。彼ら二人の我を忘れるほどの想いは、忘れがたき(でも、結局はやれなかった)夜に、いかにも意中の女性と結ばれることはなかったが、たしかにそこには、純粋でまっすぐで素直な深い愛が存在していたと証明しているのだろうか。「やれたかも委員会」の3人が、「やれた」「やれたとは言えない」と札を上げる判定がもたらすものとは…。

 白石のナレーションが「あなたを当委員会へご招待させていただきたいと思います」と、優しく語りかけ、導く。今まで描かれることのなかった、まったく新しいラブストーリーが幕を開ける。

 なお、「dTV」では60秒PR映像が配信される。

■放送&配信情報
MBS:4月22日スタート、毎週日曜 深0:50〜
TBS:4月24日スタート、毎週火曜 深1:28〜

dTV:毎週水曜 深夜0:00〜
NETFLIX:毎週水曜 深夜0:00〜

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス