• ホーム
  • 映画
  • 櫻井翔&広瀬すず、サプライズ講義で大学生500人歓声

櫻井翔&広瀬すず、サプライズ講義で大学生500人歓声

 櫻井翔と女優の広瀬すずが19日、東京・世田谷の日本大学文理学部のキャンパスで行われた映画『ラプラスの魔女』公開直前イベントに登壇した。地球科学の教授役である櫻井と、自然現象を予告するヒロインを演じる広瀬が“地球科学特別講義”にサプライズ登場すると、学生500人からは「かっこいい」「かわいい」の大歓声が飛び交った。

【写真】その他の写真を見る


 講義形式で行われたイベントでは劇中の内容にちなみ、広瀬の「竜巻の予測ってできるの?」という疑問に対し、ドライアイスと掃除機で小型の竜巻を発生させる実験を実施。「おお、すごい。なんでなんで!?」と自ら質問するなど興味津々の櫻井は「ちょっとごめんなさい…日立の掃除機でした」と自身がCMキャラクターを務めるメーカーか確認して笑いを誘う場面も。櫻井とともに簡易実験装置を押さえるなど、お手伝いとしても参加した広瀬は「一瞬で竜巻ができて面白かったです」と目を輝かせた。

 このほか映画と同じ現象を考察すべく、数値モデルによる水槽実験のシミュレーションやドライアイスを使った実験映像が流れたりと櫻井も「がっつり授業ですね」と感心。学生から教授への質問コーナーでは専門的な会話に思わずポカンとしながら「全然なにも…天空で話してるみたい」と圧倒されたようで、広瀬も「ん? ん?ってなってました」と苦笑を浮かべた。

 一時の大学生気分を味わった櫻井は1年から4年生の学生を前に「まんべんなく集まってくれたんですね、改めてありがとうございました」と感謝しつつ「よく映画の取材で『未来が見れたらどうですか』と聞かれるんですが、そういった意味では大学1年生から4年生、18歳から21か2か。当然今はそんなこと感じられないと思うけど、未来の可能性が詰まっている最中だと思う」と熱弁。

 「僕も大学のときは友達と酒飲んでただけだけど…そんな友達といまもつながってたり、学びもだけど一生の付き合いができる時間を育むことも大切にしながら学生生活を満喫すると、あとで振り返ったときにいいかなとオジサン、思ってます」と自らを“おじさん”と謙そんしつつもエールを送っていた。

 映画は5月4日に公開する。



関連写真

  • 大学の講義にサプライズ登場した(左から)櫻井翔、広瀬すず (C)ORICON NewS inc.
  • 嵐・櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 小型の竜巻を発生させる実験を実施 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ラプラスの魔女』公開直前イベントに登壇した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス