• ホーム
  • 映画
  • 柿澤勇人が沢尻エリカを翻弄!? 映画『猫は抱くもの』で一人二役挑戦

柿澤勇人が沢尻エリカを翻弄!? 映画『猫は抱くもの』で一人二役挑戦

 女優の沢尻エリカが6年ぶりに主演する映画『猫は抱くもの』(犬童一心監督 6月23日公開)より、柿澤勇人を写した場面写真が12日、ORICON NEWSに到着した。主人公・沙織(沢尻)を過去と現在で振る2人の“サイテー男”を好演し、存在感を発揮している。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく物語。「水曜日のカンパネラ」のコムアイ銀杏BOYZ峯田和伸らが出演。こじらせた一人と一匹の、妄想とリアルが入り混じる演出も見どころとなり、実写の猫に加えて演劇風、アニメーションなど数々の演出が織り込まれている。

 柿澤は劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で浦井健治と共にダブルキャストで主役を務めるなど、実力派若手俳優として舞台を中心に活躍。今年9月には福田雄一氏が演出・上演台本、山田孝之と共にダブル主演を務めるミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』が控えている。舞台以外にも、連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)、『デザイナーベイビー』(NHK)、大河ドラマ『軍師官兵衛』(同)など、活躍の場を広げている。

 同作で演じたのは、過去では沙織の所属するアイドルグループに近づくテレビ局のプロデューサー・ササキ、現在では沙織が勤めるスーパーの本社社員・高橋という人物の2役。いかにも業界風なプロデューサーとして、また一見好青年ながら沙織に手酷い裏切りを加える上司として異なるサイテー男を演じている。この2人のモテ男に振られた沙織は益々自信を失い、こじらせ街道まっしぐら…と沙織の人生に大きな影響を与える役という重要な役どころだ。

 素顔の柿澤は、同作で演じるキャラクターとは真逆の人間。柿澤の曾祖父と祖父は共に浄瑠璃と三味線で人間国宝を受賞している筋金入りの芸事一家。さわやかな外見で“舞台の貴公子”として女性人気も高い。

 憧れだったという犬童監督作品に出演して「一つ夢がかないました」と喜び、「台本を読んだときはどんな作品になるかすぐにイメージができなかったのですが、事前のけいこを経てから撮影に入ったので、すんなりと参加できました。不思議な世界観のすてきな作品になっていると思います」とコメント。沢尻と共演して「美しくてまっすぐで魅力的でしたので、自然と役に入り込めました。撮影の合間もいろいろと話をしたりして、リラックスして挑めました。今後もまた共演できるよう精進します!」と話している。



関連写真

  • 映画『猫は抱くもの』に出演している柿澤勇人 (C)2018「猫は抱くもの」製作委員会
  • 沢尻エリカと共演 (C)2018「猫は抱くもの」製作委員会
  • 映画『猫は抱くもの』に出演している柿澤勇人 (C)2018「猫は抱くもの」製作委員会4

オリコントピックス