• ホーム
  • 映画
  • 映画『ヒロアカ』ゲスト声優は志田未来&生瀬勝久 ストーリーの鍵握る親子に

映画『ヒロアカ』ゲスト声優は志田未来&生瀬勝久 ストーリーの鍵握る親子に

 女優の志田未来、俳優の生瀬勝久が、人気漫画を映画化した『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』(8月3日公開)のゲスト声優に決定した。原作者・堀越耕平氏が総監修した劇場版オリジナルキャラクターにして、ストーリーの鍵を握る親子を演じる2人は、日本テレビ系連続ドラマ『14才の母』(2006年)以来12年ぶりの親子役で共演を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 物語の舞台は、総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

 映画では、テレビアニメ第2期の最後に登場した「期末試験編」の後、そして第3期で描かれる「林間合宿編」の間に起こった出来事=“空白の夏”が描かれる。夏休みの林間合宿を控えるなか、デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。世界中の科学研究者たちの英知が集まった島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催されるなか、デクは“無個性”の少女・メリッサと出会い、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせる。その時、突如鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムが敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてしまう。

 志田は、映画版のヒロインである、生まれつき個性のない“無個性”の悩みを抱えるメリッサ役。メリッサの父親であり、かつて若かりし頃のオールマイトと行動を共にしていたデヴィットを生瀬が演じる。

 志田は「アフレコはこれからですが、ファンの方々を裏切らないよう、精いっぱい頑張りたいと思います。声優という慣れない現場に飛び込むにあたって、生瀬さんがいらっしゃることは安心感があります」と信頼を寄せ、生瀬も「志田さんとの共演は久しぶりですが、志田さんの活躍を聞くと本当の親のようにうれしく思っていました。久しぶりにお会いしましたが、変わっておらず安心しました」と共演を喜んでいる。

 ゲスト声優発表と同時に、2人が先生として『ヒロアカ』ファンの学生30名を前に“ヒーロー授業”を敢行。学生時代のエピソードを話し、学生たちにいま大切にすべき“個性”を伝えた。映画公開の夏までの目標を聞かれ志田は「アイラインをうまく引けるようになりたい」、生瀬は「8月まで生きている!」と回答。最後に志田は「人と比べずに楽しく生活してほしい」、生瀬は「大谷翔平選手のようなヒーローもいるけれども、自分の身の丈で何かをできれば、それで幸せになれる」と熱く語り、ヒーロー授業は終了した。



関連写真

  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』のゲスト声優を務める志田未来、生瀬勝久 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • ヒーロー授業を敢行=『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』のゲスト声優を務める志田未来、生瀬勝久  (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • 志田未来が声優を務めるメリッサ (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • 生瀬勝久が声優を務めるデヴィット (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • ヒーロー授業を敢行=『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』のゲスト声優を務める志田未来、生瀬勝久 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • ヒーロー授業を敢行=『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』のゲスト声優を務める志田未来、生瀬勝久 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社

オリコントピックス