• ホーム
  • 芸能
  • キスマイ二階堂、100万円を超える高額当せん 20年以上ぶりの快挙

キスマイ二階堂、100万円を超える高額当せん 20年以上ぶりの快挙

 アイドルグループ・Kis-My-Ft2二階堂高嗣が、6日放送のテレビ朝日系『10万円でできるかな』1時間スペシャル(後11:15〜深0:15※一部地域を除く)で、「ロト6」で100万円を超える高額当せんしていたことがわかった。テレビの宝くじ企画で出演者が100万円以上当せんするのは、20年以上ぶりの快挙となる。

 番組は、10万円で人はどれだけのことができるのか。その可能性をサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が調査、検証していく実験バラエティー(通常は、毎週火曜 深0:15〜0:45※一部地域を除く)。

 昨年10月に放送開始以来、二階堂は過去3回スクラッチに挑戦するも、高額当せんならず、“キスマイ一(いち)持ってない男”と呼ばれた。二階堂は汚名返上のため、今回はキャリーオーバーで最高6億円のチャンスをはらんだ「ロト6」に挑戦。宝くじの達人たちからアドバイスを受け、500枚のロト6(=10万円)を購入した。そんな彼がついに運を味方につけ、100万円を超える高額当せんを果たしたのだ。

 思わぬ快挙を成し遂げ、興奮でくじ券を持つ手がプルプル震える二階堂。彼をこれまで散々からかってきたサンドウィッチマンも思わず「大変申し訳ありませんでした…」と、頭を深く下げる事態に。

 「僕がスタッフさんに『スペシャルにしてください』って言いました!」という二階堂の希望どおり、1時間スペシャルで今回の宝くじ下克上企画が放送される。二階堂が満を持して勝ち組へと昇格する道のりはもちろん、誰でも今すぐ実践できる“高額当せんを狙うコツ”も紹介する。

 ほかに、10万円分のハガキ=1612枚を購入し、雑誌やネットの懸賞に応募し続ける北山宏光千賀健永の続報もオンエア。2人はこれまで鱚舞一郎(=北山)・鱚舞二郎(=千賀)という名で応募ハガキを書き続け、イラスト入りのデコハガキも作成。北山が「懸賞腱鞘炎。こんなに長期の仕事、したことないです」と漏らすほど、懸賞にすべてを懸けてきた。

 そんな2人を前に、今回は2月までの当選分を発表。応募していたのは、『月刊ムー』のTシャツや現金29万円、純金製のハサミ、温泉宿泊券など、レアもしくは豪華な品々。やはり倍率はどれも非常に高く、一同、厳しい結果も覚悟していたが…。なんと、VTRを見ていた伊達みきお(サンドウィッチマン)が「すごい! あるんだ、こんなこと…!」と前のめりになる“北山のミラクル”が発生。テンションが上がりすぎた千賀はクルクル飛び回ったかと思うと、「すげー、すげー、お前、すげーなー! これ、ネットニュースだよ! Yahoo!ニュースに載るよ!!」と大興奮した。北山はどんなミラクルを起こしたのか。



オリコントピックス