• ホーム
  • 芸能
  • テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』同時間帯民放トップ 年度2連覇

テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』同時間帯民放トップ 年度2連覇

 フリーアナウンサーの羽鳥慎一がメインキャスターを務める、テレビ朝日系ニュース情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(月〜金 前8:00〜9:55)の2017年度通年平均視聴率が8.3%(17年4月〜18年3月の月〜金※年末年始など未放送日のぞく)となり、昨年度に続き同時間帯での民放トップを獲得した(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同番組は、視聴者の知りたいニュースを羽鳥キャスターが視聴者の目線でわかりやすく解説するスタイルで15年秋改編よりスタートし、ジワジワと数字を伸ばしながら16年度の平均視聴率7.4%をマークし、同時間帯で初の民放トップとなった(16年4月4日〜17年3月31日の月〜金※年末年始など未放送日のぞく)。

 17年度は、「森友学園問題」「将棋藤井四段の記録更新」「横綱日馬富士暴行事件」「平昌五輪」など、視聴者が高い関心を寄せるニュースが多かったこともあり、連日『羽鳥パネル』でニュースを多角的に展開したことことが、視聴者の支持を広げることにつながった模様。18年2月には自己最高となる月間平均視聴率9.2%を記録。最終的に2017年度は前年度の7.4%から0.9%上げて8.3%と大きな伸びを見せた。

 羽鳥キャスターは「この結果は普段見てくださる視聴者の方々のおかげです。今後も視聴者の方々が見たいものを少しでも分かりやすく、出演者とスタッフと力を合わせて、真摯(しんし)にお届けしていきたいと思います」とコメントを寄せ、小寺敦チーフプロデューサーも「視聴者の知りたいニュースをキャスターの羽鳥さんがわかりやすく解説するという番組のスタイルが皆様に支持いただけた結果だと思います。今後もこの結果におごることなく、皆さまの信頼に応える番組作りに精進したいと思います」としている。

 なお、テレビ朝日では、2017年度(17年4月〜18年3月)の平均視聴率が、全日帯(前6:00〜深0:00)で7.4%、ゴールデン帯(後7:00〜9:00)で9.9%、プライム帯(後7:00〜後11:00)で10.0%、プライム2帯(後11:00〜深1:00)で5.4%を記録。全日、プライム、プライム2の各時間帯でNHK、民放を通じて2位となり、ゴールデンはTBSと同率で民放2位だった。



オリコントピックス