• ホーム
  • 芸能
  • 『花男』新章に道明寺家のメイド頭&秘書が登場 作品の架け橋に

『花男』新章に道明寺家のメイド頭&秘書が登場 作品の架け橋に

 4月17日にスタートするTBS系連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(毎週火曜 後10:00)に、2005年と2007年に放送され大ヒットした同局連ドラ『花より男子』の登場人物で日本三大財閥である道明寺家に仕えるメイド頭・タマ(佐々木すみ江)と、秘書・西田(デビット伊東)が登場することがわかった。『花男』では主人公たちの恋を応援し見守り続けた2人が新章となる同作で両作品の架け橋として物語を盛り上げる。今後も原作同様“花男”キャストが参戦する予定となっており、続報は順次発表される。

 道明寺司(松本潤)ら伝説の4人組F4が卒業してから10年後の英徳学園を舞台にした同作は人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクターたちが巻き起こす痛快青春ラブストーリー。主人公・江戸川音に杉咲花、学園のカリスマ・神楽木晴に平野紫耀King & Prince)、音の婚約者・馳天馬に中川大志と若手の注目俳優がそろった。

 今回の発表に合わせ佐々木は「『花より男子』は、ついこの間のように思っていたのですが、もう10年も経っているのですね。私もね、10年の間に、少しヒザが痛くなったりして、あゝ、やっぱりトシを取ったんだなぁと感じていますが、大好きなこの『タマさん』をまた演じることができて、本当にうれしく思っています。イギリススタイルの素敵な館で、撮影をします。皆さま、是非ご覧になって下さいね」とクランクインを心待ちに。

 デビットは「拝啓 『花のち晴れ』のみなさまへ 前作『花より男子』は全員が輝ける場所であり心に残る作品です。相変わらず西田は…道明寺家の秘書として世界を飛び回っています。みなさんが困った時、いつでも出動できる準備をプライベートジェットの中でお茶を飲みながらお待ちしております。また熱い日々が始まる期待でいっぱいです。 敬具 西田より。」と西田になりきってコメントを寄せている。



オリコントピックス