• ホーム
  • 音楽
  • HKT48新曲 “なこみく”初センター 指原「時は来た」

HKT48新曲 “なこみく”初センター 指原「時は来た」

 アイドルグループ・HKT48が、5月2日に11枚目のシングル「早送りカレンダー」をリリースすることが決定した。センターには“なこみく”として知られる3期生の16歳コンビ、矢吹奈子田中美久が初起用された。

 矢吹は自身のツイッターで「なんと!HKT48 11thシングルのWセンターにみくりんと選んでいただきました!初めてで不安もありますが、みくりんと一緒に頑張って、誰からも認められるセンターになれるように。そしてHKTを引っ張っていくメンバーになれるように努力します」と決意表明。

 田中も「Wセンターになこちゃんと選んでいただきました! 凄く凄くびっくりです。初めてだしとても不安だけどなこちゃんと力を合わせて一緒に頑張ります! これからも、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 2人は2013年8月、小学6年でHKT48第3期生オーディションに合格。当時からメンバーからもアイドル的存在だった。劇場支配人を兼務する指原莉乃(25)もツイッターで「なこみくダブルセンターおめでとう!」と祝福。「時は来た。」と満を持してのWセンターを喜び、ファンも「ずっと待ってた」「ついに来た」「エモい」「泣ける…」と歓喜している。

 HKT48はこの日、さいたまスーパーアリーナで単独コンサートを開催。終演直後、大型ビジョンにHKT48の公式ツイッターで15分後に発表があることが予告され、シングルのリリースと選抜メンバーを発表する特報映像が公開された。選抜メンバーは以下のとおり。

■HKT48 11thシングル「早送りカレンダー」選抜メンバー
荒巻美咲運上弘菜植木南央駒田京伽、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久(Wセンター)、冨吉明日香豊永阿紀渕上舞松岡菜摘松岡はな宮脇咲良本村碧唯森保まどか、矢吹奈子(Wセンター)



関連写真

  • HKT48のニューシングルでWセンターを務める“なこみく”(左から矢吹奈子、田中美久)(C)AKS
  • さいたまスーパーアリーナ公演の(左から)田中美久 矢吹奈子(C)AKS

オリコントピックス