• ホーム
  • 芸能
  • エビ中・安本彩花が舞台『ギア-GEAR-』出演へ ドール役に挑戦「頑張ります!!」

エビ中・安本彩花が舞台『ギア-GEAR-』出演へ ドール役に挑戦「頑張ります!!」

 アイドルグループ・私立恵比寿中学安本彩花(19)が、千葉ポートシアターで上演中の舞台『ギア-GEAR-』East Versionにドール役として出演することが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 『ギア-GEAR-』は、2012年から京都の専用劇場で上演されている日本初のノンバーバル(非言語)パフォーマンス。光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスと感動のストーリーからなる新感覚エンターテインメントとなる。京都ロングラン6年目に突入し、100席限定の劇場ながら観客動員数15万人、公演回数2000回を突破し、このほど関東初進出を果たし、好評上演中。

 物語は、人々に忘れ去られた元おもちゃ工場が舞台。そこで働き続ける人間型ロボット“ロボロイド”たちの前に、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形・ドールが現れるというストーリーを展開。現在のドール役には、藤咲彩音(でんぱ組.inc)や、村田寛奈(9nine)らが出演しており、安本は4月14日のデビューを予定している。

 安本は「ノンバーバルパフォーマンスという新しいチャレンジをさせて頂きます。初めてみた時の衝撃、感動は忘れられません」とコメント。「まだまだ未熟者の私ですが、みなさんとステキな作品を作れるよう一生懸命頑張ります!!」と力を込めている。



関連写真

  • 舞台『ギア-GEAR-』East Versionにドール役として出演するアイドルグループ・私立恵比寿中学の安本彩花
  • 舞台『ギア-GEAR-』East Versionにドール役として出演するアイドルグループ・私立恵比寿中学の安本彩花
  • 舞台『ギア-GEAR-』East Versionにドール役として出演するアイドルグループ・私立恵比寿中学の安本彩花

オリコントピックス