アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『青春高校3年C組』通しレギュラーはコンビ歴2年のノブナガに決定

『青春高校3年C組』通しレギュラーはコンビ歴2年のノブナガに決定

 テレビ東京の新番組『青春高校3年C組』(4月2日スタート、月〜金 後5:30〜5:55)で、月〜金の通しレギュラー(教育実習生)の座をかけ、20代の芸人約100組が参加したオーディションの最終結果が、29日深夜に放送された特別番組で発表された。選ばれたのは、コンビ歴2年、岩永達彦(25)と信太優人(24)によるノブナガ(太田プロダクション所属)。同番組の総合プロデューサー、秋元康氏が「決まりだな」と太鼓判を押した。

 最終オーディションがもつれ、最々終オーディションを行なう…、そんな名目で呼び出されたノブナガに、サプライズでレギュラー決定が発表されると、「本当に人生で一番うれしいです! 間違いなく!!」(岩永)と喜んだ。選ばれた決め手について、「キャラがありすぎなかったことですかね、僕ら。他の人はキャラがすごかったんで。でも、コンビ2 人でいろいろ仕掛けたので、そこかなと思います」(岩永)と自己分析。

 秋元氏の鶴の一声だったこと知ると、2人は「えー!」と絶叫し、「顔!? でも雰囲気とかですよね、たぶん。秋元さんにしかわからない。うわーー!」(信太)、「幻滅されないように、期待を上回る活躍をしたいと思います」(岩永)と話していた。

 いきなり帯番組レギュラーの夢を掴んだ2人だが、エントリーの時点から“例外”だった。事務所推薦にもれ、番組プロデューサーにツイッターを通じて直談判してオーディションに参加。勝手な行動を事務所から叱咤されながらも、レギュラーを勝ち取とった。ひとつのツイッターから人生が変わった現実を、「絶対動かないとだめなんですね、自分たちで」(信太)。「電話番号までさらして(笑)。正しかったとは言いづらいですけども」(岩永)と受け止めていた。

 最後に、岩永は「このチャンスを絶対に逃さないように! そしてテレビの前の人たちにとって、面白い、いい時間にできるようにしたいと思うので、よろしくお願いします!」とアピール。信太は「これをきっかけに人生を変えまして、放送ラインぎりぎりを攻めたいなと! 10 代の子たちが学校終わってすぐこの番組を生放送で見たいと思わせる、この番組にノブナガがいるから見ると言ってもらえる活躍ができたらと思っております」と意気込みを語っていた。

■生徒募集中(応募資格)
年齢16歳〜20歳までの男女。
月曜日〜金曜日の夕方4時から7時頃にテレビ東京本社(六本木スタジオ)にて5日間出演可能な週のある方。
保護者の承諾を得ている方。
芸能事務所などに所属していない方。

番組ホームページの入学願書(※応募フォーム)に必要事項を記入して受験完了。

■番組公式ホームページ
http;//www.tv-tokyo.co.jp/3-c/



オリコントピックス