• ホーム
  • 映画
  • IMALU、6歳年上アーティストと交際順調「安定してます」 結婚は焦らず

IMALU、6歳年上アーティストと交際順調「安定してます」 結婚は焦らず

 タレント・歌手のIMALU(28)が29日、都内でレスリングを題材にした映画『ダンガル きっと、つよくなる』(4月6日公開)の「炎のガールズムービーイベント」に参加。テレビで6歳年上のアーティストの男性と交際を宣言後、初めて報道陣の前に姿を見せ、言及した。

【写真】その他の写真を見る


 IMALUは日本テレビ系バラエティー『今夜くらべてみました』の元日スペシャルに出演。6歳年上のアーティストの男性で、昨年秋から交際中と明かしていた。父・明石家さんまにも交際を報告済み。交際を宣言後、初めて報道陣の前に登場したIMALUは「問題なくいってます。順調。安定してます」とにっこり。

 結婚の話は出ていないそうで、「(結婚に)憧れはありますけど、焦りはないかな。まずは仕事かな」としていた。父・さんま、母・大竹しのぶも結婚については特に何も言っていないという。IMALUは「それぞれ、わが道を行く系なので。だから、あんまり求められないですね」と笑っていた。

 同作は、『きっと、うまくいく』『PK ピーケイ』などのアーミル・カーンが主演し、実話を基にした感動作。オリンピック出場を諦めた男が、娘たちをレスリングの世界で羽ばたかせようとする物語。さんまはIMALUの仕事に口出しはしないそうで「家族で集まると仕事の話はしない。芸能ゴシップばっかり」と驚きの事実を明かしていた。“血”を感じることはないそうだが「ちょっとした表情やクセはホントにそっくり。テレビで父親が好きな食べ物を並べたときに、全部好きだった。コーヒー、カレー、きなこ、メロンクリームソーダ、全部一緒。DNAを感じましたね」と笑っていた。

 芸能界を志しても反対などはしなかったという。勉学などについても特に助言はなかったが、芸能界に入る際にさんまは「親の名前が先に出るから倍、努力しろ」と一言だけ伝えた。親の七光だけでは生きていける世界ではないことを伝えられたIMALUは「それ以外は、なかったですね」としみじみと振り返っていた。

 イベントにはイラストエッセイストの犬山紙子氏(36)も参加した。



関連写真

  • IMALU (C)ORICON NewS inc.
  • 犬山紙子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • IMALU (C)ORICON NewS inc.
  • 犬山紙子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)犬山紙子氏、IMALU (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス