• ホーム
  • 芸能
  • “3世代の越路吹雪”大地真央・瀧本美織・岩淵心咲、最終回で初共演

“3世代の越路吹雪”大地真央・瀧本美織・岩淵心咲、最終回で初共演

 “シャンソンの女王”越路吹雪の波乱の人生を描いてきた、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(月〜金 後0:30〜0:50)はあす30日、最終回を迎える。その最終話に、ヒロインの幼少期を演じた岩淵心咲、青年期を演じた瀧本美織、絶頂期を熱演した大地真央の3女優が共演する、“奇跡”のシーンが登場。越路吹雪の人生をつないできた3人が初めて一堂に会した。

 最終話では、がんで余命3ヶ月と診断された越路の人生のクライマックスが描かれる。3世代の越路吹雪が揃うのは、病床の越路が自らの人生に思いを馳せるラストシーン。

 撮影現場で監督から、“小さい美保子”“真ん中の美保子”“デカ美保子”の愛称で呼ばれていた3人…。スタート時からドラマを楽しんでくれたファンには、越路吹雪の歩んできた軌跡が思い起こされる、感動の場面となるに違いない。



関連写真

  • 帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』3月30日放送の最終回、幼少期を演じた岩淵心咲(右)、青年期を演じた瀧本美織(左)、絶頂期を熱演した大地真央(中央)の3女優の共演が実現(C)テレビ朝日
  • 帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』3月30日放送の最終回、幼少期を演じた岩淵心咲(右)、青年期を演じた瀧本美織(左)、絶頂期を熱演した大地真央(中央)の3女優の共演が実現(C)テレビ朝日

オリコントピックス