アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 福地桃子、連ドラでカレーショップの看板娘に「すごくわくわく」

福地桃子、連ドラでカレーショップの看板娘に「すごくわくわく」

 俳優・哀川翔を父に持つ女優の福地桃子が、4月13日スタートのTBS系連続ドラマ『あなたには帰る家がある』(毎週金曜 後10:00※初回15分拡大)にレギュラー出演することがわかった。主人公・佐藤真弓中谷美紀)とその夫・秀明(玉木宏)の共通の友人、三浦圭介(駿河太郎)が鎌倉で営むおしゃれカフェ『カレーショップこまち』の店員で、エスニックな装いを着こなす看板娘・池田こはるを演じる。福地は「こういった大人の恋愛を描いた作品に携わらせて頂くのが初めてなので、未知な部分が多く、参加できることにすごくわくわくしています」と胸を高鳴らせている。

 同ドラマは、直木賞作家・山本文緒氏が1994年に発表した同名の長編小説が原作。主人公・真弓と夫・秀明、そして支配的な父・茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と、少し寂しげな母・綾子(木村多江)の2組の夫婦を中心に、100人の女性たちへの取材を元にした“夫婦あるある”を盛り込んだ「妻の本音と、夫の秘密」の物語を描く。

 好奇心旺盛な今ドキ女子のこはるは、真弓と秀明の夫婦の成り行きにも興味津々。「一つの夫婦にそれぞれがいろんな形で関わっていく中での、ひとりひとりの価値観や人間性が全然違うのがすごく面白いなと思います。こういう考え方もあるんだとか、自分にはない発想など、人の様々な部分をこの作品から学ぼう! と思いました」と福地自身も劇中の心理描写に期待をしている。

 「カレー屋さんでのシーンでは訪れるお客さんみんながのびのびとしていて、そこで働いているとそれがとてもうれしいんです。『またこのお店になんか来たいな〜』と思ってもらえるような店員さんを目指して頑張りたいと思います!」と意気込み。「結婚をされている方はもちろん、若い世代の方やまだ結婚をされていない方なども、自分だったらどうするかな? と一緒に考えながら観て頂きたいです!」とアピールしている。



オリコントピックス