アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 沢村一樹主演、新作刑事ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』4・15放送

沢村一樹主演、新作刑事ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』4・15放送

 俳優の沢村一樹主演で、現代社会において、武器にも身を守る手段にもなりうる“情報”を駆使して捜査する新作刑事ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』が4月15日(後9:00〜11:05)、テレビ朝日系で放送される。

【写真】その他の写真を見る


 沢村演じる主人公・深町功太郎は、警視庁が立ち上げた新しい部署「IR分析室」の主任(=チーフ)。都内各所に何千と設置された防犯カメラ、そしてGPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進める、という名目で設立された最先端部署だが、実際は捜査一課の“下請け”のように扱われていた。

 元々は捜査一課の敏腕刑事だった深町。鋭い観察眼や捜査に対する勘を持っているが、あまりそれを表に出さず、誰にも告げずに1人でふらっと捜査に出てしまうことも。そんな深町にはGPSを付け、常に行き先を監視するなど、気ままな行動を咎めることもある部下・泉本乃梨子役で伊藤歩が出演する。

 「伊藤さんとは初共演なのですが、どうしても『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ)での役の印象が強くて、斎藤工くんの顔がチラついてしまいました(笑)。実際の伊藤さんは穏やかな方で、かわいらしい女性という印象です。伊藤さんとこれからやるシーンについていろいろ話をして、2人で演技を作り上げるということが多かった」と沢村。

 物語の発端は、都内の路上で建設会社社長が銃殺される事件。目撃者から証言を得るため、ある男性に接触した深町は、その男性の妻が5年前に事故死していたことを知る。しかし、男性は亡くなったはずの妻が生きているかもしれないと主張。殺人事件とは無関係の捜査に乗り出した深町は、やがてその妻だった女性が、ある人物に“なりすましていた”ということを掴む。一見無関係に思えた、殺人事件と5年前の事件に意外な接点が次々と浮かび上がっていく。そして暴き出される、ふたりの女性の悲しい物語とは?

 沢村は「『IR分析室』という、架空の部署が舞台なのですが、捜査一課の捜査とはちょっと違った手法をとりますし、アプローチの仕方も違う。でも実は一課が見逃しているようなことも気付いたり、と演じていて新鮮で楽しかったですね。これからの時代に則したテーマの設定・ストーリーですし、深町が事件とはまったく違った部分の謎解きをし導き出す真実、にもぜひ注目していただきたいです。事件の本線だけでなく、そこに絡んでくるふたりの女性の物語も、視聴者のみなさんをドキドキさせるのではないでしょうか」と見どころを語っていた。



関連写真

  • 沢村一樹主演、テレビ朝日系ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』4月15日放送(C)テレビ朝日
  • 部下で“バディ”の泉本乃梨子を演じる伊藤歩とは初共演(C)テレビ朝日
  • 沢村一樹主演、テレビ朝日系ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』4月15日放送(C)テレビ朝日
  • 沢村一樹主演、テレビ朝日系ドラマ『CHIEF〜警視庁IR分析室〜』4月15日放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス