• ホーム
  • 映画
  • 三浦春馬が90年代のロン毛イケメンに 映画『SUNNY』男性キャスト発表

三浦春馬が90年代のロン毛イケメンに 映画『SUNNY』男性キャスト発表

 2011年に韓国で745万人を動員する大ヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』を、日本に舞台を移して映画化する『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の男性キャストが21日、発表された。主人公の初恋相手で、90年代を謳歌するイケメン大学生役で三浦春馬が出演。劇中では美しいロン毛を何度もかき上げており、「嫌味がない感じをどこまで自然に出せるかが難しいところでありました(笑)」と話している。

【写真】その他の写真を見る


 かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。原作に心つかまれたファンの一人でもある大根仁監督が、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築した。企画・プロデュースは、数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気氏が務める。

 “サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏小池栄子ともさかりえ渡辺直美が、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ山本舞香、野田美桜、田辺桃子富田望生が演じる。

 出演が発表された三浦が演じるのは、高校時代の奈美(広瀬)の初恋の相手・藤井渉。そのほか、大根監督作品常連のリリー・フランキーは奈美(篠原)の依頼でサニーメンバーを探す探偵・中川役で出演し、「監督から5年以上前にやりたいと聞いていた『SUNNY』がついに現実になったんだなと思うと感慨深いです」としみじみ。

 梅(渡辺)が勤める不動産の陰険な上司・新井役の新井浩文は「脚本を読み、女優さん達がいっぱい出ている内容だったので、大根監督のにやにやしている顔が目に浮かびました。監督、1シーンしか出てないんだから、カットしないでくださいね(笑)」とお願いし、高校時代の梅(富田)の兄役で出演する矢本悠馬は「自分はワンシーンだったのでアッというまに終わっちゃって、もっと出たかったです(笑)。個人的に広瀬すずは友達で大好きな女優なので出来上がりが楽しみで仕方ありません」と話している。

 大根監督は「リリーさんと新井くんは、なぜだか私の映画には必ず出演するという身に覚えの無い契約を結んでいるので、今回も出演してもらいました(笑)。基本的に女性しか出てこない作品なので、スパイス? 付け合わせのお新香? 薬味?的な存在感で、映画の隠し味になっていると思います」とコメント。「春馬くんとは初めての仕事だったのですが、90年代を象徴するイケメンという微妙な役を完璧に演じてくれました。脚本に書かれている『カッコ良く登場』とか『とにかくカッコ良い』とか『さりげないがカッコ良い』という無茶な要求に見事に応えてくれて、むしろ私が恋心を抱きました」と感謝している。



関連写真

  • ロン毛のイケメン大学生を演じる三浦春馬 (C)2018「SUNNY」製作委員会
  • (写真左上から時計周り)三浦春馬、新井浩文、リリー・フランキー、矢本悠馬 (C)2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演する三浦春馬 (C)2018「SUNNY」製作委員会

オリコントピックス