• ホーム
  • 芸能
  • 坂口健太郎の初ラジオに密着 2時間“ひとりしゃべり”に充実感「次もやってみたい」

坂口健太郎の初ラジオに密着 2時間“ひとりしゃべり”に充実感「次もやってみたい」

 「本当にあっという間で、ただしゃべって、電話でリスナーの方と話して、質問に答えていたら終わっちゃったっていう感覚でした。楽しかったですね」。16日に生放送された『坂口健太郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送 後10:00〜深0:00)で、自身初となるラジオパーソナリティーを務めた俳優の坂口健太郎(26)は、屈託のない笑顔をこちらに向けた。ORICON NEWSでは、番組密着と放送後のインタビューを敢行し、坂口の初挑戦に迫った。

【写真】その他の写真を見る


 放送直前、番組スタッフとリラックスした様子で最後の打ち合わせ。まもなくして迎えた午後10時の番組スタート。「坂口健太郎のオールナイトニッポンGOLD!」とタイトルコールをすると、おなじみの「ビタースウィート・サンバ」が流れ出し、始まった喜びを全身で表現するかのように両手を高々と上げて、ガッツポーズを作った。「説明下手で、舞台あいさつとかでも、自分で話しているうちに支離滅裂になっていって『今、何聞かれていたっけ』と思うこともあるのですが」と自虐を交えながら、やさしくリスナーに語りかけた。

 ラジオ初心者らしく、エコーやファンファーレといった、ラジオならではの音響効果にも「えっ、今やってできるんですか。スゴいですね」と新鮮な反応。リスナーから寄せられたメールを読み上げる際には、ラジオネームの略称である「RN」を「アールエヌ」とそのまま読んでしまったり、リスナーからの電話相談に乗っている際には「これ、僕の声は聞こえているんですかね?」とコメントするなど、かわいらしいミスもあり、そのたびにスタジオが笑いでどっと沸いた。

 4月10日スタートの初主演ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜 後9:00)の主題歌である韓国の男性7人組ヒップホップグループ・BTS(防弾少年団)の新曲「Don’t Leave Me」のワンコーラス初解禁を紹介する際には、一転して“パーソナリティー”の顔に。「いやーカッコいいですよね。本当にドラマの世界観とぴったりで、この曲を聴くことで想像をふくらませていくことができる。この曲と一緒に戦っていきたいなと思います」と言葉に力を込めた。

 電話相談や企画などがあるとはいえ、2時間の“ひとりしゃべり”はかなり難しいことだが、放送中の坂口は常に笑顔。それが音になって、リスナーの耳に届くような温かい2時間の生放送となったが「こんなにリアルタイムで反応が返ってくるのが新鮮で、本当におもしろかった」としみじみ。リスナーからの「イケメンの俳優像がボロボロと崩れていく様子を聴くことができました」といった愛あるイジりもあり、最後は「本当にありがとうございました。また、いつかお会いしましょう」と締めくくった。

 本番直後の坂口を直撃すると、安堵の表情を見せた。「生放送じゃない案もあったんですけど、たぶん収録だったら緊張感もきょうほど出ないでしょうし、ハプニングも起きてなかったと思う。やっぱり、初めてだし、今回は生にこだわるじゃないですけど、もっと楽しんで遊ぶ感じでできたなっていうのはあります。構成作家の畠山(健)さんが『(作家である)自分もスゴく楽しめているし、坂口くんラジオ向いているよ』と番組のCMごとくらいの頻度でおっしゃってくれていたので、それが僕の緊張がほぐれていくワードにもなったし、ありがたかったなと思いました」。

 スタッフはもちろん、リスナーからも救われた。「スタッフから『ラジオのプロリスナーの方は、初めてのパーソナリティーが大好物だ』とおっしゃっていたので、プロの方たちからはそういう風に楽しんでもらえていたらうれしいですね(笑)。初めてラジオに触れる人たちからは『どうやって聴いたらいいの?』という質問が多かったんですよ。僕も今までラジオをたくさん聴いてきたわけじゃなかったから、そういった方々とは同じ初心者として一緒に楽しむことができたのかなと思います。ただ、なんだかんだ言っても結局自分が一番楽しんでいたなと思います(笑)。あと、タイトルコールを言った時はやっぱりスゴくうれしかったです」。

 主演ドラマ、写真集、そしてラジオと、直近に“初体験”がズラリと並んだ。「これで、僕の今年の漢字は決まりましたね(笑)。そうやって、いろんな新しいことができるっていうのはスゴく刺激的で楽しいです」。パーソナリティーを経験して、すっかりラジオの魅力の虜となったようだ。「自分がやってみたからこそ、ほかの人たちはどんな感じでやっているのかって気になったので、これからもっとラジオ聴こうと思いました。僕の番組も、radikoのタイムフリー機能で放送が終わってから1週間は聴けるんですよね。どんな風に話しているのか楽しみですけど、改めて聴くと緊張しちゃいそうだな(笑)。ただ、機会があったら次もやってみたいので、そのためにも聴いておかないとですね」。



関連写真

  • ラジオパーソナリティー初挑戦の坂口健太郎に独占密着 (C)ORICON NewS inc.
  • ラジオパーソナリティー初挑戦の坂口健太郎に独占密着 (C)ORICON NewS inc.
  • ラジオパーソナリティーに初挑戦した坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 初の生ラジオを楽しんでいる様子だった (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス