• ホーム
  • 芸能
  • 入江甚儀、特撮ヒーローから怪人役へ 『ルパパト』に参戦

入江甚儀、特撮ヒーローから怪人役へ 『ルパパト』に参戦

 俳優の入江甚儀が、テレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(毎週日曜 前9:30〜10:00)の第6話(18日放送)より新加入。物語のカギを握る氷を操る謎の怪人「ザミーゴ・デルマ」の人間態を演じる。映画『キカイダー REBOOT』(2014年)に主演し、主人公の人造人間ジローを演じた特撮ヒーロー経験者の入江だが、今回は怪人役となってドラマに新風を吹き込む。

 入江が、そのビジュアルを「めちゃくちゃ不気味ではないか!(笑)」とほめたたえるザミーゴ・デルマは、快盗戦隊ルパンレンジャーの敵組織「ギャングラー」のボスから、一目置かれる存在。そして、ルパンレンジャーの3人が戦いに身を投じる原因を作った張本人でもある。

 あらゆるものを氷の中に閉じ込め、消失させることができるザミーゴ・デルマは、今から1年前、夜野魁利(伊藤あさひ)の兄、宵町透真(濱正悟)の恋人、早見初美花(工藤遥)の親友を、その謎の力で奪っていた。3人は、ルパンコレクションを取り戻せば、いなくなった大切な人と再会できるという、執事・コグレ(温水洋一)の言葉を信じルパンレンジャーに。彼らの運命を変えてしまった憎き敵役が、ついに本格登場する。

 これまでの放送でも、その存在をチラつかせていたザミーゴ・デルマは、人間態も特徴的。変な服を着て、ロックアイスを食べながら歩き、魁利には“氷野郎”と呼ばれてしまう奇妙な男。不思議な力を持つ存在で「この役は、まさにそこが肝。怪人らしく演じ過ぎると、せっかく人間態として演じさせていただける強みが弱くなってしまうし、逆に人に寄せて芝居をし過ぎると何か味気ないし…。彼のビジュアルがそもそも常軌を逸しているので、普段は飄々と気だるそうにしつつ、表情や声、仕草などで『やはり怪人なのだな』と感じてもらえるような、絶妙なアンバランス感を表現していけるよう、毎回現場でチャレンジしていきます」と意気込む。

 「一度ヒーローになったからには、他のヒーロー番組には出られないと勝手に思い込んでおりました」という入江は、今回の配役に驚いたそうだが、「昔からダークな役どころが好きで、いつか演じてみたいと思っていたのでとても光栄です。最後までルパンレンジャーの宿敵として、思う存分胸を張って彼らの前に君臨したいと思います」と気合十分。人間態の奇妙さを際立たせるため、指先と唇を青くするよう衣装合わせで自ら提案し、「僕の中でザミーゴ・デルマはヒーローです!」とぞっこんのだ。



関連写真

  • 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』第6話(3月18日放送)より、ザミーゴ・デルマが人間態で登場。演じるのは入江甚儀(C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映
  • 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』テレビ朝日系で放送中(C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス