• ホーム
  • 映画
  • 松田龍平主演『泣き虫しょったんの奇跡』 妻夫木聡、松たか子ら豪華キャスト発表

松田龍平主演『泣き虫しょったんの奇跡』 妻夫木聡、松たか子ら豪華キャスト発表

 俳優の松田龍平が主演し、棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化する『泣き虫しょったんの奇跡』(今秋公開)に、妻夫木聡松たか子永山絢斗染谷将太らが出演していることがわかった。原作者で主人公のモデルである瀬川氏は、キャスティングについて「大好きな人ばかり出てくる作品」と絶賛している。

 幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう。一度は夢破れたしょったんが、周囲に支えられながら再び夢を実現させるため、ひたむきに挑戦していく。

 監督は、松田が主演した『青い春』などで知られる豊田利晃氏。主人公・晶司を松田が演じ、彼を陰ながら支える親友かつライバルの鈴木悠野をRADWIMPS野田洋次郎が演じる。

 晶司と苦楽を共にする奨励会員のうちの一人、冬野渡を演じた妻夫木は「次第に精神が病んでいく役柄だったのですが、豊田監督の繊細な演出が印象的でした。人物の心理や情景をとても細かくみてらっしゃるんだなぁと実感しました」と振り返り、「僕は出演者の中でたぶん一番将棋が下手でした。染谷くんと将棋最弱王決定戦なるものをやったのですが、決着がつかなかったので今度じゃんけんしておきます」とコメント。名前を挙げられた染谷は、若さゆえにやんちゃで生意気な態度を取り、周囲とぶつかることもある奨励会員・村田康役。「黙々と撮影を進めると同時に、皆さん黙々と将棋を指し続けていました。自分はいっこうに強くなれませんでした」と明かしている。

 そのほか、奨励会員を演じるキャストとして、晶司と共に四段昇格を目指し苦楽を共にする新藤和正役の永山や、駒木根隆介渋川清彦新井浩文早乙女太一が出演。晶司の小学生時代に多大な影響を与えた担任教師・鹿島澤佳子を松が演じるほか、イッセー尾形小林薫美保純國村隼が脇を固める。



オリコントピックス