ドラマ&映画 カテゴリ

『相棒16』最終回は16.6%で有終の美 全20 話平均は15.2%

 テレビ朝日系ドラマ『相棒season16』の第20話(最終回2時間スペシャル)が14日(後8:00〜10:09)に放送され、番組平均視聴率16.6%で有終の美を飾った。この日の最高値は終盤、午後10時8分にマークした21.0%。途中、通算300回の節目もあった全20話の平均は15.2%だった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 反町隆史演じる冠城亘が、水谷豊演じる主人公・杉下右京の4代目の“相棒”になって3年目のシーズン。2代目・神戸尊(及川光博)、3代目・甲斐享(成宮寛貴)と続けて3年で番組を卒業していたことから、交代劇があるのでは?と思われたが、最終回ではサイバーセキュリティー対策室の青木年男(浅利陽介)が“人材の墓場”である特命係行きを命じられる思わぬ展開で幕を閉じた。

 最終回は、『週刊フォトス』の記者、風間楓子(芦名星)がエスカレーターから転落し負傷。楓子は、その場に居合わせた甲斐峯秋(石坂浩二)はじめ警察関係者の中の誰かに突き落とされたと主張。しかし、相手にされなかった事から、“犯行”が可能だった警察関係者を誌面で告発するという対抗措置に出る。記事はたちまち世間の話題をさらい、杉下、冠城はもちろん、大阪にいる楓子の母親、匡子(加賀まりこ)の目にも留まる。実は、楓子の実家は大阪を拠点とする暴力団『風間燦王会』。“極妻”の匡子は嫁入り前の大事な娘を傷付けられたとあって怒り心頭に発し、警察への宣戦布告も辞さない覚悟で東京に乗り込んで来る…という内容だった。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索