• ホーム
  • 芸能
  • DOUBLE、乳がんを公表 手術控え「今のところピンピンしています」

DOUBLE、乳がんを公表 手術控え「今のところピンピンしています」

 姉妹デュオとして1998年にデビューしたDOUBLEのTAKAKO(43)が14日、乳がんであることを自身のブログで公表した。近日中に手術を受けるとしている。

 今年はDOUBLEとして活動して20周年の節目、さらにこの日は自身の誕生日とあり、冒頭では「ここまで来られたのも支えてくださるファンのみなさまのおかげだと、心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとう!」と感謝。続けて「え〜、そんなおめでたい時にみなさんにご報告する事があります。私、昨年末に乳がんが発覚し、間もなく手術を迎える事になっています。(突然で驚かせてしまったらごめんなさいね)」と病を明かした。

 現在の心境については「正直余り実感がありません、今のところピンピンしていますからね」と気負った様子はみせず、「手術に対しては、実は2年前に耳下腺腫瘍という左耳の下の小さな良性の腫瘍を摘出する手術を経験し、この時に散々悩んだおかげで今回は何のためらいも心配もなく手術に臨めます」とつづった。

 また、「自分自身がなってみて周囲の人の話を聞くと意外にもがん克服者の多いことに驚かされます。最近はオープンにする有名人が多いのもそうですが、『あなたも!? え!? あなたも!?』というくらい。正直そういった方の話を聞くと励みになりますね」と語るとともに、「久しぶりの近況報告が病気の報告というのはなんとも申し訳ない気持ちではありますが、みなさまにはどうか今は手術の無事を祈っていただけたら嬉しいです」と呼びかけている。

 最後は、「bad newsだけでは後味が悪いのでここでgood newsもちょっとだけ。もう少ししたらみなさんにお届け出来る物が…あ…る!! 次回は明るいnewsだけを報告出来るように願いつつ、ひとまず頑張って行ってまいります」と前向きに締めくくっている。

 DOUBLEは98年にSACHIKO、TAKAKOの姉妹でシングル「For Me」でデビュー。99年に姉のSACHIKOが急死し、その後はTAKAKOのソロプロジェクトとして活動している。



オリコントピックス