• ホーム
  • 芸能
  • 岡田結実、初主演ドラマがクランクアップ 原作者も太鼓判

岡田結実、初主演ドラマがクランクアップ 原作者も太鼓判

 タレントの岡田結実がドラマに初主演するテレビ朝日系春のミステリーナイト『静(しずか)おばあちゃんにおまかせ』(23日 後11:25〜深0:25、30日 後11:15〜深0:15※2週連続)が、このほど無事クランクアップ。感極まって涙を流す岡田を見て、共演した要潤やスタッフが思わずもらい泣きするひと幕もあった。

 同ドラマは、元裁判官のおばあちゃんの助けを借りながら、捜査一課刑事・葛城公彦(要)とバディを組み、難事件に挑む女子大生・高遠寺円(こうえんじ・まどか/岡田)の活躍を描く、痛快ミステリー。岡田は「クランクアップは寂しいですが、円からいろいろなものをもらったなと感じているので、感謝の思いでいっぱいです。この経験を糧に、もっともっと頑張っていこうと思います!」と語り、最後は笑顔で初主演ドラマという大仕事を締めくくっていた。

 撮影期間中、原作者のミステリー作家・中山七里(なかやま・しちり)氏が現場見学に訪れた際には、「初めてのドラマに私の作品を選んでいただいて光栄です。純粋培養みたいなところが、原作のヒロインそのものだなと思いました。非常に“当て書き”に近いものがありますね!」と、岡田を激励。太鼓判を押してもらった岡田は「先生から“ピッタリです”と言っていただけて、本当にうれしい! 原作のイメージを残しつつ、私なりに円を演じられたかな」と、ホッとした表情を浮かべていた。

 一方、円の祖母、草笛光子が演じる“静おばあちゃん”は「実は、執筆当初から草笛さんを念頭に書いていたので何かのドッキリかと思いました」と中山氏。要についても「かつて子どもと一緒に『仮面ライダーアギト』を見ていたので、まさかお会いすることができるとは…!」と感激し、「自分の思い入れがさまざま重なって、今回のキャスティングを見たときはひとりで笑ってしまいました(笑)」と、理想的なキャスティングであることを明かしていた。



オリコントピックス