アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “始球式騒動”で稲村亜美が胸中 事実と異なる情報に「困惑」 痴漢行為は「ありません」

“始球式騒動”で稲村亜美が胸中 事実と異なる情報に「困惑」 痴漢行為は「ありません」

 “神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美(22)が13日、今月10日に東京・神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開幕式で始球式を行った後、多くの球児たちに“取り囲まれた”という騒動について、所属事務所公式サイトを通じてコメントを発表した。

 稲村は「この度、シニアリトルリーグの始球式について、映像をご覧になった方々から想像以上の反響が届いており驚いております」とし「ご心配の声を有難くお受けする一方、事実と異なる情報も飛び交っており、困惑もしております」と胸中を吐露。

 経緯について「選手たちが私のもとに駆け寄り握手を求めて来たところに、参加選手の大半が流れ込んだ事は事実で、私もバランスを崩してしまいましたが、私自身に怪我はなく押しつぶされたような事もありません」と説明し「ましてやネットで一人歩きして書かれているような事(痴漢行為)は、ありませんでした」と一部情報について否定した。

 続けて「ただ、騒ぎになって怪我をされた選手がいたみたいなので、それが残念です」とつづり「またSNS等で運営の方々や選手達に批判の目が向けられておりますが、運営の方々からは事務所を通してすでに謝罪のお言葉を頂いております。今後は静かに改善を見守っていただければと思います」と伝えた。

 最後は「さまざまな意見もあると思いますが?私も野球が大好きですし、選手の皆さんも気持ちは同じだと思います。運営と選手が協力して安全で楽しいイベントにしていけたらうれしいです」と呼びかけている。

 なお、きのう12日には、日本リトルシニア中学硬式野球協会の関東連盟が公式サイトを通じて、謝罪の言葉とともに「今回の行為についてその場にいた選手には、チームを通じて猛省を促すとともに、今後このようなことが起きないよう役員一同指導者、選手の教育を続けてまいります」とした。



オリコントピックス