アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 次期朝ドラ『半分、青い。』ヒロインの口癖にも注目 永野芽郁「大事にセリフ言ってます」

次期朝ドラ『半分、青い。』ヒロインの口癖にも注目 永野芽郁「大事にセリフ言ってます」

 女優の永野芽郁が9日、東京・渋谷のNHKで4月2日にスタートする連続テレビ小説『半分、青い。』(月〜土 前8:00 総合ほか)の第1週完成試写会に出席。ヒロイン・鈴愛(すずめ)役の永野は、第1週目を見て「これからもっと楽しくなるんじゃないかなって、自分にちょっと自信を持つことができました」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていく。この日は、永野をはじめ両親役の松雪泰子滝藤賢一、9歳の鈴愛を演じる矢崎由紗、脚本の北川氏、制作統括の勝田夏子氏が出席した。

 劇中では、ヒロインの口癖として北川氏の造語だという「ふぎょぎょ」、岐阜弁の「やってまった」という言葉が登場する。これまでも朝ドラでは『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」など注目される言葉が登場してきたことがあり、永野は「私自身は流行らせたいって思ってはいなかったけれど、周りの人たちは流行らせていこうという気持ちがあるみたい。世の中の方に受け入れてもらって流行っていったら、もっと『半分、青い。』の魅力を知ってもらうことができるのかなと思って、大事にそのせりふを言っています」と話していた。

 また、永野は第1話の冒頭に登場するものの、CGで表現された胎児から始まり、その後は子ども時代が描かれ、第2週目の最後に登場する。矢崎の演じた鈴愛を見て「とにかくかわいい」と絶賛した永野は、「私がやっていたことを矢崎さんが現場でやっていたと伺って、何か通じるものがあるのかな。同じように走っていたり、同じように笑っていたりする。すごいなと思います」と驚いていた。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した永野芽郁 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)北川悦吏子氏、滝藤賢一、永野芽郁、矢崎由紗、松雪泰子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)永野芽郁、矢崎由紗 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した滝藤賢一 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した永野芽郁 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した松雪泰子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の第1週完成試写会に出席した矢崎由紗 (C)ORICON NewS inc.
  • 胎児シーンの声入れに挑戦した永野芽郁 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス