• ホーム
  • 芸能
  • 青山テルマ、タイの凶暴ワニ“悪魔の兄弟”と対決で涙「尋常じゃない」

青山テルマ、タイの凶暴ワニ“悪魔の兄弟”と対決で涙「尋常じゃない」

 歌手でタレントとしても活動する青山テルマが21日に放送のフジテレビ系バラエティー番組『おたすけJAPAN』(後7:00)に出演。タイから届いた「3メートルを超えてしまった巨大ワニを別の養殖池へ引っ越してほしい」というSOSに応えるべく“おたすけサポーター”として爬虫(はちゅう)類研究家の白輪史氏とともに奮闘する。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は世界の国々で困っている人の役に立とうと、日本が誇る一流の技術者や職人が現地へ行き、さまざまな困難に見舞われながらも、問題を解決していくドキュメントバラエティー。第2弾となる今回は前回に引き続き、“おたすけコンシェルジュ”の小山慶一郎NEWS)と中丸雄一KAT-TUN)が進行していく。

 青山と白輪が向かった先は、タイの港町シラチャーにある大人気動物園シラチャータイガーズー。人間とワニのスリリングなショーが大人気の動物園だが、現在飼育されている4000匹のワニのうち、2匹だけ異常に大きく成長。非常にどう猛なその2匹は飼育員から「悪魔の兄弟」と恐れられており、このままでは他のワニが食べられてしまう恐れがあるため、他の飼育池に2匹を引っ越しさせてほしい…とお願いを受ける。

 まず、動物園のショーに出たワニに近寄ることになった青山は、迫力満点のワニに「無理無理!」と絶叫。さらに白輪氏からワニの恐ろしさをレクチャーされ「引っ越しするワニは、この(ショーの)ワニとは別物。かなり気が強い」と脅かされると、「正直、泣きたい」とポロリ。日本が誇る相手の動きを封じ込める武具“さすまた”を味方にワニとの直接対決に挑む。濁ってしまった池の水を全部抜き、白日の下にさらされた「悪魔の兄弟」の姿に青山は「尋常じゃない」と衝撃。その後も衝撃のハプニングが起き、青山が涙を流す緊急事態が起こる。

 このほか、スケートが人気上昇中もオリンピック出場歴がないインドネシアの子どもたちに、2大会連続オリンピック出場、世界選手権2度優勝を誇る安藤美姫が熱血指導。その強い思いから、安藤は怒りをあらわにする場面も。遼河はるひはさまざまな日本の“生活の知恵”で台湾の人々の身近な問題を“おたすけ”する。



関連写真

  • 21日放送のフジテレビ系バラエティー特番『おたすけJAPAN』で青山テルマがワニと対決 (C)フジテレビ
  • 21日放送のフジテレビ系バラエティー特番『おたすけJAPAN』で安藤美姫がインドネシアの子どもたちにフィギュア熱血指導(C)フジテレビ

オリコントピックス