• ホーム
  • 芸能
  • 中井貴一、主演ドラマ「8回断った」 記憶障害の役どころに葛藤

中井貴一、主演ドラマ「8回断った」 記憶障害の役どころに葛藤

 俳優の中井貴一が9日、横浜市内で行われた連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席。「若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士」という役どころで主演を飾る中井は、制作サイドから熱烈なオファーを受けたが「8回断った」と明かし、熟考の末に承諾した経緯を語った。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士の人生をかけた闘いと家族の愛を描き、韓国で大ヒットしたドラマを日本版としてリメイク。フジテレビジョンとジュピターテレコム(J:COM)が共同制作し、21日よりCS「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」と「J:COMプレミアチャンネル」で同時放送される。

 オファーを断った話題になり、中井は「これは生半可な気持ちで携わっていけないドラマ。スケジュール的にも厳しく、『僕はやらない方がいい』と言いました」と回顧。それでも制作サイドから“9回”に及ぶラブコールを受け「役者として、それだけ思われることは光栄なこと。やれるかなと悩みながら、最終的にはやらせていただこうと。逆に作品に対する思いが強かった」と、秘話を披露した。

 報道陣から演じる上での思いを問われると「病気というものは、すごくネガティブな要素を持っていますが、時に人を再生していく。その一本の筋だけは演じたつもりです」。今作が有料チャンネルでの放映となったことについては「地上波はコンプライアンス問題や、忖度(そんたく)があると思う。でも“地上波向け”のドラマと思うくらいな仕上がりになっている」と熱弁していた。

 会見にはそのほか、優香松下由樹泉澤祐希今田美桜が出席した。



関連写真

  • 熱烈なオファーを「8回断った」と明かした中井貴一(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)今田美桜、松下由樹、中井貴一、優香、泉澤祐希 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席した中井貴一 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席した松下由樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席した優香 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席した今田美桜 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『記憶』の制作発表会見に出席した泉澤祐希 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス