ドラマ&映画 カテゴリ

深キョン&松ケン夫妻+高畑淳子で『隣の家族〜』副音声初挑戦

 女優の深田恭子と俳優の松山ケンイチが、あす8日に放送されるフジテレビ系連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(毎週木曜 後10:00)第8話で副音声に挑戦する。劇中で妊活に励む主人公・五十嵐奈々を演じる深田とその夫・大器役の松山、そして2人を見守りながらも迫力ある大器の母・聡子を演じる女優・高畑淳子の3人がクライマックスに差し掛かった本編を実況&解説する。

 同ドラマはコーポラティブハウスと呼ばれる集合住宅で子供を望む夫婦、子供を持たないと決めていたカップル、同性愛者のカップル、失業中の夫と虚栄心の強い妻などさまざまな家族が、それぞれの幸せを見つける物語。これまで副音声企画は第1弾“わたさくカップル”こと北村匠海と眞島秀和、第2弾“事実婚カップル”の平山浩行高橋メアリージュン、第3弾“虚栄心の強い妻と失業中の夫”の真飛聖野間口徹が務めてきた。

 第8話では、大器の浮気騒動を経て以前のような仲睦まじさを取り戻した五十嵐夫妻、そして母・ふみ(田島令子)とゲイをカミングアウトしたことで亀裂が生じてしまった渉(眞島秀和)を心配する朔(北村匠海)。そんななか朔は真一郎(野間口徹)がボランティアで講師を務める塾で高卒認定試験に向けて勉強に励む。ちひろ(高橋メアリージュン)は亮司(平山浩行)の連れ子・亮太(和田庵)の誕生日が近いことを知り、亮太のためにケーキを作る決意をする。

 収録では副音声初挑戦となる3人だが、マシンガントークをさく裂させる松山に「このシーン、いいシーンです」と、ついつい見入りながら解説をしていく深田と高畑。さらに高畑はいいシーンで涙が出てきて副音声に集中できないといった人情深いドラマのキャラクターさながらの一幕も。このほか、撮影秘話、ぶっちゃけ裏話、共演者たちのエピソードなども飛び出す。

オリコントピックス

メニューを閉じる