• ホーム
  • 芸能
  • ほぼ全盲の『R-1』新王者・濱田祐太郎、優勝の影に頼れる“同期芸人”

ほぼ全盲の『R-1』新王者・濱田祐太郎、優勝の影に頼れる“同期芸人”

 「困ったら、とりあえず笑っといてくださいね」。これを枕詞に自身の盲目にまつわるネタを、自虐を交えながらしゃべり倒した漫談家・濱田祐太郎(28)が、毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』の王者に輝いた。サポートの男性の肩を借りながら、優勝会見場に現れた濱田は「ちょっと、まだ信じられないですね」とうまく状況が飲み込めていない様子だった。

【写真】衝撃…全身タトゥー姿を披露した鳥居みゆき


 左目は全く見えず、右目も明るさがわかる程度であるという濱田は、昨年10月に行われた『平成29年度 NHK新人お笑い大賞』の決勝にも駒を進めるなど、着実に頭角を現してきており、今大会でも活躍を期待されていた。決勝進出直後に、その点を踏まえて「今回は、勢いのある中での『R-1』決勝の舞台となりますが?」と向けてみると、ハッキリとした口調でこう答えた「勢いっていう意味ではあるとは思うんですけど、僕にとっては『R-1』が一番思い入れが深い大会なので、全然違うものという感じですね」。

 中学生の頃からお笑い芸人を志していたという濱田だが、特に憧れたのはビッキーズとハリガネロックのしゃべくり漫才。2012年にはアマチュアながら『R-1』予選の舞台に飛び込み、見事に準決勝まで進出。同年にはNSC(吉本総合芸能学院)大阪校35期生として入学。そこで脅威となったのが、今回のファイナルステージに上がってきたゆりやんレトリィバァだった。「ゆりやんは優等生のクラスで、僕は優秀じゃない方でした。別格で上の存在でした」。

 そんな濱田だが、なぜ“漫談”にこだわって活動を続けてくることができたのか。優勝が決まった後に改めて個別取材を行い、その支えになったものを聞いてみた。「それはたぶん、アマチュアの時の自分ですね。2012年に『R-1』出て、準決勝までいってしまったので、プロになってからその自分を越えられないっていうのはどういうことやねんっていうのはあったので、とりあえずはその自分を越えていくまで、受け続けないとっていうのはありました。あとは、舞台でお客さんが笑ってくれていたのはうれしかったですね」。

 ハリウッドザコシショウ(第14回)、アキラ100%(第15回)と直近の2大会は、見た目のインパクトも強烈な“裸芸人”が続いた中、しゃべくり漫談での優勝。「漫談でここまでこられたのは本当にうれしい。楽しんでやれた結果、今回優勝という結果をいただいたと思っています。視覚障害者としてではなくて、漫談家として優勝することができたのがうれしいです」と言葉に力を込めながら「来年に向けて挑戦していける気持ちを仕上げていけたらなと。今回の決勝で噛んでしまって、不完全燃焼みたいな気持ちもあるので、自分が満足できるしゃべりを追求したい」と早くも連覇に向けての抱負を語った。

 仕事のオファーも殺到し、優勝特需に沸く中、優勝会見で報道陣から「今、出たい番組は?」と聞かれると「いいですか、今からボケますよ」と前置きしながら「日本テレビの『24時間テレビ』のチャリティーマラソンとかやってみたいですね。目が見えないので、コースとは逆の方に走っていったりしたら、いいんじゃないですかね。それに、僕が募金箱持っていたら、けっこう集まると思いますよ」とニンマリ。トーク番組を中心に出演したいと語る濱田だが、今大会に敗者復活から上がってきた霜降り明星・せいやがMVSを獲得した『人志松本のすべらない話』出演への意欲を聞くと、すかさず切り返した。

 「呼んでいただけるなら…っていうのはあるんですけど、松本さんって“浜田”という名字の人はみんな嫌いなんじゃないかなっていう不安はありますね。でも、呼んでいただけたらうれしいです」。決勝でのネタ2本、優勝後の会見、そして個別取材という怒とうのスケジュールで疲れきっているだろう中、常に芸人らしく答えを投げ返してくる姿は見事というほかなかった。

 漫談家にとって必要となってくる“語彙力”はどうやって身につけていったのかを聞くと「テレビのバラエティー番組が好きで、音は聞こえるので、トークとか会話のやりとりが好きだったので、そこからじゃないかなと思いますけど。それがこういうのをネタに使おうと思ってネタにしたことはないんですけど、自然と反映していたと思います」とあっさり。『R-1』決勝の舞台にくるまでの努力はかなりのものだったと想像するが、芸人としてそういった部分は多くを語らない。

 ところで、冒頭で言及した優勝会見で濱田のサポートをしていた男性は、先月12日の決勝進出者会見でもとなりにいた。今回の個別取材の場にも帯同し、写真撮影で笑顔が上手く作れない濱田に「笑顔! 芸人やろ」と笑いながら手厳しくツッコミを入れる、その男性が気になったので、濱田に聞いてみた。「ゆりやんと同じで、僕と同期の芸人です。NSC卒業直前くらいから5年ちょっとくらい一緒にいて、サポートをかなりしてもらっています。でも、芸の方向性はかなり違いますから、相方ではないです(笑)」。その男性にも話を向けてみた。

 「溝口幸雄と言います。今回の『R-1』では『お互い同期対決やな』って、ゆりやんにも言っていっていたんですけど、オレは決勝に残ってないっていう(笑)。濱田とは、よく一緒にいるので『コンビじゃないの?』と聞かれるんですけど、絶対一緒には組まないです(笑)。僕は今回の『R-1』決勝で、これは優勝までいくやろうなっていうのは、最終決戦で3人に絞られた時に思いましたね。ウケもよかったし、良かったです」。こう語る“相棒”の横で濱田が照れくさそうに「いつ、今の関係が逆転されるかと思うとビクビクしています」とにっこり。溝口もすかさず「絶対、思ってへんやろ」と笑いながらツッコミを入れた。

 しゃべりへの自信、それを支えた影の努力、そして頼れる同期の存在…今回、勝つべくして勝った濱田祐太郎が、これから“しゃべり”でお笑い界の中心に躍り出ていく。



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2018』を制した濱田祐太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2018』を制した濱田祐太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス