ドラマ&映画 カテゴリ

池松壮亮主演、『宮本から君へ』連ドラ化 主題歌はエレカシ

 1990年代に多くの若者を魅了した新井英樹氏の名作漫画『宮本から君へ』が、俳優の池松壮亮主演で連続ドラマ化されることがわかった。テレビ東京のドラマ25(毎週金曜 深0:52〜1:23)枠で4月期に放送される。主題歌は原作者の新井氏が大ファンと公言しているエレファントカシマシが担当。主人公・宮本浩の名前は、エレカシのボーカル・宮本浩次が由来となっていることも有名だ。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、1990年から94年まで、『モーニング』(講談社)で連載され、92年『第38回小学館漫画賞』青年一般部門を受賞。2009年には新井氏による新たな描き下ろしを加えた『定本 宮本から君へ』が、太田出版より全4巻の豪華本で出版された。この原作には、「うまくいかないことに、だだこねてるんじゃなくて、中途半端に終わることに、だだこねてるんです」「俺がカッコいいと思ってるものをそうじゃないって言う人間に認めさせたいです」「僕の!名前は!宮本浩です!」など、名言と言われるせりふが数多くあり、著名人にもファンが多く、各業界からも絶大な支持を受けている。

 主演の池松もその1人。「22歳で原作に出会い、衝撃を受けました。それから宮本浩という人は、僕にとってほかのどの歴史上の人物よりも星であり、ヒーローでした。人としての力、生き様を物すごく尊敬していました」と明かす。

 そんな宮本浩を演じることになって、「僕自身が宮本浩をやれるだけの器、人間性があるのかどうか、日々自分自身に問い続けた2ヶ月間でした。それくらい難易度の高い役でした」と振り返る。「間合い、台詞一つ一つのニュアンスに宮本浩の人間性が浮かび上がると思ってやっていました。これまで取り組んできた作品の中でもかなり強敵で、日々模索しながらも、敬意を込めて映像化したいと思っていました」。

 ドラマ化されるのは、文具メーカー「マルキタ」の新人社員、恋にも仕事にも不器用な宮本浩が営業マンとして、人間として、成長していく青春ストーリー。宮本は数々の人と出会い、泣き、笑い、怒り、自分の存在の小ささに苛立ちながらも必死に前に進もうと奮闘する。

 監督は、映画『ディストラクション・ベイビーズ』で『第69回ロカルノ国際映画祭』(イタリア)新進監督コンペティション部門・最優秀新進監督賞 を受賞した真利子哲也氏が務める。原作に出てくる数々の名言はドラマでも健在。原作ファンはもちろんのこと、初めて触れる現代の若者の胸にも熱く響くに違いない。

 今回、ライバル社と揉め事を起こした宮本が、反省で頭を丸めるシーンにも挑んだ池松は「この作品以外で坊主にする事はよっぽどのことがない限りないでしょう(笑)。自分で言うのもあれですが、思いのほか漫画のキャラクターに似ていて、1人ほくそ笑んでしまいました」。

 エレファントカシマシについても「とても偉大です。直接お会いした事はありませんが、その歌に何度となく救われ、鼓舞されてきました。隠れファンです」と告白。本作の主題歌「Easy Go」も大いに気に入ったようで、「本当に感激しています。『♪剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に 愛と喜びの花を咲かせるぜ』というすごい歌詞があるんですが、この一文に、90年代に新井先生が書いた『宮本から君へ』を今やる意味と可能性が隠されているように思い、自分自身が『宮本から君へ』に取り組む想いとリンクして、また救われました。主題歌も合わせて楽しみにしていただければと思います」と話していた。

関連写真

  • 新井英樹氏の漫画『宮本から君へ』池松壮亮主演で連続ドラマ化。新人の宮本から成長した宮本まで、その変化を体当たりで演じる。頭を丸めるシーン(右)にも挑んだ(C)宮本から君へ」製作委員会
  • テレヒ?東京・ドラマ25『宮本から君へ』(4月スタート)主題歌を担当するエレファントカシマシ
  • 原作『定本 宮本から君へ』(C)新井英樹/太田出版
  • 【テレヒ?東京宮本から君へ】メインヒ?シ?ュアル小01_250X_cut
  • 【テレヒ?東京宮本から君へ】メインヒ?シ?ュアル小02_250X_cut

オリコントピックス

メニューを閉じる