ドラマ&映画 カテゴリ

久松郁実“ぶりっこ”役に奮闘「2トーン上の声を意識して…」

 女優でモデルの久松郁実が5日、都内で行われたフジテレビの4週連続深夜ドラマ『KISSしたい睫毛』(毎週火曜 後11:30)の試写会後発表会に出席した。ヒットメーカー・野島伸司脚本の同ドラマは睫毛(まつげ)をチャームポイントに“彼女アリ”男性にアタックする女性の恋を描く。主人公で玉の輿狙いの受付嬢・飯山由愛を演じた久松だが「由愛ちゃんはすごくぶりっこで、私の地の声と2トーン上の声を意識して話しました」とフェミニンな役柄に奮闘したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 相手役の西城利光を演じたのは、劇団EXILE所属、DOBERMAN INFINITYのメンバー・野替愁平。エリートサラリーマンという役柄にふさわしくカッチリしたスーツを劇中でも着こなしており「役者を演らせていただいてから軍人さんや不良、ヤクザや総長などを務めていたのでこういう役はやってみたいなと妄想していた。やっと実現しました」と、これまでにない挑戦に歓喜し「チンピラから成り上がりました」としたり顔を浮かべた。

 発表会では野島氏からのメッセージも。久松は「野島先生とまだ直接お会いしたことないのでメッセージをいただけてうれしい」と微笑み、野替は「続編を期待したいです」とラブコールで返していた。

関連写真

  • “ぶりっこ”役に奮闘したことを明かした久松郁実 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『KISSしたい睫毛』の試写会後発表会に出席した(左から)野替愁平、久松郁実 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『KISSしたい睫毛』の試写会後発表会に出席した野替愁平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる