ドラマ&映画 カテゴリ

吉田鋼太郎、吉瀬美智子と青柳翔と三角関係に 『東京センチメンタル SP』3・30放送

 俳優の吉田鋼太郎が主演するテレビ東京系スペシャルドラマ『東京センチメンタル SP〜御茶ノ水の恋〜』が30日(深0:12〜深1:23)に放送される。東京の下町を舞台に、バツ3独身の恋多き和菓子職人・久留里卓三(吉田)が、毎回異なるヒロインに想いを寄せ、街ぶらデートし、酒を飲み、うまい飯を食い、そしてフラれる…ちょっぴり切なくて、ノスタルジックな気分に浸れる大人のラブストーリー。今回、卓三が一目ぼれするマドンナ・秋本楓を演じるのは吉瀬美智子。さらに、楓を巡って三角関係になる増田役で青柳翔劇団EXILE)が出演する。

 2014 年の年末特別ドラマとして「谷中の恋編、深川の恋編」にはじまり、16 年1月期にドラマ24 枠で連続ドラマ化。17年1月にお正月スペシャルとして「千住の恋編」が放送された。卓三の「惚れやすさ」と「実らなさ」から“現代版・寅さん”の呼び声高い完全オリジナル脚本のドラマシリーズ。今回も和菓子屋「くるりや」の看板娘・須藤あかね役の高畑充希と、「くるりや」の向いで理容室を営む卓三の昔馴染み・柴田幸吉役の片桐仁が脇を固める。

 年末年始からずれたため、「また出来るんだと思って意外でした。もう終ったのかと思ってたので(笑)。大変うれしかったです」と吉田。今回、マドンナを演じた吉瀬について「本当におきれいで、以前の共演から7年くらい経ったかな。お子さんも2人いらして、どう変わられたかなと思っていたら、さらに美しくなられていて、驚愕しました。美しさに落ち着きが加わって、しっとりとした、料理教室の先生の貫禄のようなものが加味されて、役柄に本当にぴったりでした」と、ご満悦だ。

 また、「卓三を続けて演じてきてみてわかったのが、『必ず恋をする」という…。果たして一体何人のひとに? もはや、この人は大丈夫なのか、と心配になるくらいに恋をするということで(笑)、だからこそ、いつも心から真剣であることが大事だと感じています」と、演じる醍醐味を語っていたので、「その辺は自分とは違う?」と聞いてみると、食い気味に「違いますね!」と否定。しかし、「何を言わせるんですか(笑)。うーん、いや…違いません(笑)。常に私も本気です!」と答え、自他ともに認めるはまり役と言えそうだ。

 一方の吉瀬は「楓のどっちつかずな感じが、白黒はっきりしたい自分の性格では
理解ができなくて、初日に監督と相談しました。男女ともに、煮え切らない感じって、少し苦手かもしれません(笑)」。とはいえ、吉田との共演は「ほのぼのとした雰囲気が新鮮でしたね。前は拳銃で撃ちあって火花が散る感じで。違った形での再会になりましたが、とてもうれしかったです」と、話していた。

 吉田と吉瀬がが御茶ノ水の街を歩く姿は、「一瞬、御茶ノ水がフィレンツェあたりに見えました!」と阿部真士プロデューサー(テレビ東京)。祖父江里奈プロデュサー(同)は「今回のマドンナ・吉瀬さんは恋に臆病になった女性という設定ですが、実直な年下イケメン青年・青柳さんと渋い大人の男性・吉田さんのどちらからも好意を抱かれるという、女性にとっては夢みたいな状況です! 私だったら、どっちに…? と妄想を膨らませながら見ていただきたいです」とアピールしている。

関連写真

  • テレビ東京系スペシャルドラマ『東京センチメンタル SP〜御茶ノ水の恋〜』3月30日放送決定(左から)吉田鋼太郎、吉瀬美智子、青柳翔(C)テレビ東京
  • 安定のレギュラー陣(左から)片桐仁、吉田鋼太郎、高畑充希(C)テレビ東京

オリコントピックス

メニューを閉じる