• ホーム
  • 芸能
  • 萩原聖人、木村拓哉と『BG』で再共演「まさかこんなに反響があるとは!」と驚き

萩原聖人、木村拓哉と『BG』で再共演「まさかこんなに反響があるとは!」と驚き

 武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”を題材にしたテレビ朝日系ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(毎週木曜 後9:00)。第7話(10分拡大〜後10:04)では、22日放送の第6話にも登場している俳優の萩原聖人が演じる植野が今後の物語の展開を大きく左右してしまう出来事を引き起こしてしまう。前回の登場シーンがオンエアされると、主演の木村拓哉と萩原の共演に、1994年に放送されたドラマ『若者のすべて』(フジテレビ)を思い出したファンも少なくなかったよう。萩原本人も「まさかこんなに反響があるとは!」と驚いていた。

 萩原が演じる植野は、民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の元秘書で、過去に五十嵐とは因縁のある人物。どうしてももう一度話がしたい植野は、五十嵐が厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)と会っていた店に潜り込み、なんとか面会の許可を得ようとする。そこに偶然、居合わせたのが島崎章(木村)と、章の元妻・仁美(山口智子)だった。さらに客の中に望まれない客が紛れており、突然の銃声に店内は騒然とする。

 前回の反響を受けて萩原は「そういった反応をしてくれたのって、昔、ドラマを楽しんでいた世代の方々なのではないでしょうか。楽しみにしているドラマの日は急いで家に帰ってドラマを見て、次の日の学校や職場ではその話題で盛り上がって…。僕の出演が、そうやってドラマを楽しんでくださっていた方々への恩返しになればいいな、とは思います。みなさんの記憶に残るような作品を作ることができていたことはとても誇りに思いました。同時に我々役者も、これからもっと面白いドラマを作って、ドラマを楽しみにしてくれるような“ドラマ世代”を作りたい、とあらためて感じました」と喜んでいた。

 木村との共演を「お互い年齢を重ね、今回共演できたのはとてもうれしかったし、楽しかったです。久しぶりに会ったけど、会話の内容は昔とあまり変わらなかったですね(笑)」と振り返った萩原は「第7話では、僕らの過去を懐かしく思い出していただきつつも、『BG〜身辺警護人〜』の世界観にどっぷり浸かり、物語を存分に楽しんでいただけたらうれしいです!」と呼びかけていた。

 第7話で章は6年前に別れた妻・仁美から警護を依頼される。一度はほかのメンバーにせようとするものの、自ら引き受けることを決意。“元夫婦”という微妙な関係ながらも、章は終始仕事に徹する姿勢を貫こうとする。木村と山口の共演も、1996年に大ヒットしたドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)以来、22年ぶり。“元夫婦”というちょっと複雑な間柄を演じる2人にも注目だ。



オリコントピックス