アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • パンサー尾形、35年ローンに不安「75歳までやっていけるか…」 第1子誕生前に早くもパパの顔

パンサー尾形、35年ローンに不安「75歳までやっていけるか…」 第1子誕生前に早くもパパの顔

 お笑いトリオのパンサーが27日、都内で行われたトリプルリスクを考える会『トリプルリスク啓発 キックオフイベント』に出席。昨年3月9日に結婚した妻「あいちゃん」が、第1子を妊娠中で3月出産予定である尾形貴弘(40)は「子どもが3月に生まれて、嫁がサンキュー(産休)しているんです」と持ちギャグに絡めてアピールするも、会場はむなしく無反応。「このキャラでやっていけるのかな…」とむなしく嘆いた。

【写真】その他の写真を見る


 イベントに絡めて、向井や菅良太郎から「パンサーのリスク」とイジられた尾形は、結婚後に新居を購入したことを明かした上で「ローンが75(歳)までなので、35年です。その歳まで、このキャラでやるのはストレスです。皆さん、やっていけますかね?」と不安をポツリ。秋元康氏と吉本興業によるプロジェクト「吉本坂46」には興味津々の様子で「センターで踊って、芸人としての第2段階として頑張りたい」と息巻いた。

 第1子の話題になると、目尻を下げて「女の子なんです。元気でわんぱくな子になってほしいなと思います。よく笑う、かわいらしい子に育ってほしいです」と早くもパパの顔。出産予定日は惜しくも“3月4日”であるようで、向井から「(サンキューにならなくて)子どももちょっとスベっている」とイジられと「やめろ! あと5日だったんですけどね。元気に生まれてきてくれたら」とまだ見ぬ我が子との対面を心待ちにしていた。

 この日のイベント直前、平昌五輪に出場した日本選手団の解団式と報告会が行われていたが、尾形はフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦選手と不思議な縁があるといい「実は羽生くんと同じ幼稚園なんですよ。鷹乃杜幼稚園ですよね? 狩野(英孝)くんも一緒で」とにっこり。相方の向井慧から「同じ幼稚園から“滑る”人がそんなに出るとは。羽生くんはすばらしいですけど…」とチクリと口撃され、反撃に出ようとするもグダグダに。会場の寒い空気を察した向井が「平昌くらいの温度になっていますよ」とツッコミを入れて、笑いを誘った。

 同会は、代表的な生活習慣病である高血圧・高血糖・高血中脂質の3つが連鎖する“トリプルリスク”の認知を高め、3つ同時に効率的に配慮する考え方を広く世の中に広めていくことを目的に発足。この日のイベントでは、専門家による講演や料理レシピの紹介などが行われた。



関連写真

  • 第1子誕生に胸を膨らませたパンサー・尾形貴弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 三人羽織で熱々おでんに挑戦 (C)ORICON NewS inc.
  • トリプルリスクを考える会『トリプルリスク啓発 キックオフイベント』に出席したパンサー・良太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • トリプルリスクを考える会『トリプルリスク啓発 キックオフイベント』に出席したパンサー(左から)菅良太郎、向井慧、尾形貴弘 (C)ORICON NewS inc.
  • トリプルリスクを考える会『トリプルリスク啓発 キックオフイベント』に出席したパンサー・向井慧 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス