ドラマ&映画 カテゴリ

【2017年間ドラマ賞】「主演男優賞」に浅野忠信 『刑事ゆがみ』は「僕に自由への一歩を踏ませてくれた」

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が2017年の年間大賞を発表。「主演男優賞」は、木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)で民放連ドラ初主演を務めた浅野忠信が受賞した。

 彼が演じた弓神適当(ゆがみゆきまさ)は、普段はだらしない生活をおくりながら、いざ捜査となると持ち前の観察眼で人の「心の歪み」を見抜き事件解決へと導く天才肌の刑事。浅野はスイッチの切り替えによって別人のように変わる主人公のギャップを、大人の男の色気たっぷりに、またコミカルに演じた。審査員からは、映画スターのオーラが作り出す独特の世界観を評価する声が多く聞かれた。なお、受賞した浅野のコメントは以下の通り。

■主演男優賞:浅野忠信

 17年10月期の賞に続いて、2017年の年間大賞でも「主演男優賞」をいただきありがとうございます! 『刑事ゆがみ』はドラマならではの面白さを目指し、チームで熱意を持って挑んだ作品です。諦めないで取り組んできた結果として、このように評価いただけたことはとても嬉しいですし、僕の至らないところや勝手な思いつきに付き合ってくださった共演者とスタッフの皆さんに感謝しております。

 みんな何かに押しつぶされそうになっている事があるかもしれませんが、僕はドラマの中の主人公まで押しつぶされちゃったらイヤだなと思います。だから自由に役を生きたかったのです。そしてそれを許してくれたのがこのドラマで、『刑事ゆがみ』は僕に自由への一歩を踏ませてくれました。

【「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2017」結果一覧】

●作品賞:火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●主演男優賞:浅野忠信/木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)
●主演女優賞:松たか子/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●助演男優賞:高橋一生/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)
●助演女優賞:和久井映見/連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)
●脚本賞:坂元裕二氏/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)
●新人賞:吉岡里帆/火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)

 対象作品・人物は、17年1月期〜10月期の受賞作・受賞者、大河河ドラマ『おんな城主 直虎』とその出演者。18年1月9日に行われた審査会で、審査員に7部門の受賞者をそれぞれ投票してもらい決定した。

■「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは
オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者による審査会で決定する。

関連写真

  • 木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)で、民放連ドラ初主演を務めた浅野忠信 (C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2017」で主演男優賞に輝いた浅野忠信 ※写真は、17年10月期「第10回ドラマ賞」受賞時のもの

オリコントピックス

メニューを閉じる