アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 知英、“親父演技”の反響ワクワク「どう思ってくれるのか…」

知英、“親父演技”の反響ワクワク「どう思ってくれるのか…」

 女優で歌手の知英、俳優の竹中直人らが24日、都内で行われた映画『レオン』の初日舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、スマホマガジン『Hot-DogPress』で連載された同名漫画。ナイスバディだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(竹中)の心と体が入れ替わったことから巻き起こる騒動が描かれる。

 主演作が封切りとなり「やっぱり緊張しますね。私の親父っぷりをどう思ってくれるのか、気になるところ」と期待に胸を膨らませた知英。中身が“エロ社長”という役どころも全力で演じ「私も撮影しながら何度も笑っちゃった。観てくれた方が元気をもらえたらいいな」と笑顔で呼びかけた。

 入れ替わり相手を演じた竹中は「びっくりしたのが、知英が日本語をしゃべれて当たり前だったこと。微妙なニュアンスのセリフもしっかり伝えてました」と賞賛し「この映画の知英は圧倒的にかわいくてチャーミング。最高! って感じです」と太鼓判を押していた。

 舞台あいさつにはそのほか、山崎育三郎大政絢斉藤慎二ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督が出席。同映画のイベントで恒例となっている、竹中と斉藤の“バトル”が勃発すると、知英は「きょうは、やめましょうよー!」と仲裁に入り、場を和ませていた。



関連写真

  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した知英 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した(左から)ミッツ・マングローブ、大政絢、竹中直人、知英、山崎育三郎、斉藤慎二、塚本連平監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した(左から)大政絢、竹中直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した斉藤慎二 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した山崎育三郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席したミッツ・マングローブ
  • 映画『レオン』初日舞台あいさつに出席した塚本連平監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス