アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 真野恵里菜、“猫をかぶった毒舌女子”2面性を持つキャラで新境地 脚本は野島伸司氏

真野恵里菜、“猫をかぶった毒舌女子”2面性を持つキャラで新境地 脚本は野島伸司氏

 ドラマ『パパ活』が話題になった脚本家・野島伸司氏の新作『彼氏をローンで買いました』が、映像配信サービス「dTV」とフジテレビの共同製作ドラマとして、3月9日よりdTVとFOD(フジテレビオンデマンド)で同時配信される(全8話、毎週金・月更新)。主演は、女優の真野恵里菜。本作では、外面は受付嬢のセンターとして男たちを虜(とりこ)にするも、本性は歯に衣着せぬ物言いで、日々抱えている毒を悪びれもせず吐きまくる、2面性のあるキャラクターを振り切った演技で表現する。

 本作のテーマは“現代女性のリアル”。物語は、エリート彼氏と結婚をして専業主婦になるという夢を持つ受付嬢の主人公・浮島多恵が、夢を叶えるために、猫をかぶりながら社会で奮闘するも、ストレスフルな毎日に不安をおぼえ、ストレス発散用に月額3万9800円のローンで彼氏を“購入”したことで動き出す心模様を描きだす恋愛ドラマ。

 女性たちの皮肉に満ちた本音が繊細かつ赤裸々に描かれるストーリー展開の中に、“現代に生きる女性のリアル”を代弁していく。“猫”をかぶって最高のエリート彼氏を手に入れるか、“猫”をかぶらず自分をさらけ出せる相手か。多恵が選ぶ幸せへの道は「そうきたか」と思わせる、「これまでの野島作品とは一味違うラストに新しさを感じること間違いなし」とのこと。視聴者の想像を超えるまさかの展開ながら、現代女性ならではの主人公の選択に多くの女性が「納得」できる内容になっていることを約束している。

 野島氏は、今回のテーマ選定について「離婚率が爆発的に上がり、自分なりに理由を探索してみました。どうぶつの森アプリで遊びながらw」と驚きのコメント。さらに「好き同士は、相手にこそ自分を分かって欲しいと、時に思いやりに欠けてしまいます。疲弊し、壊れないように、セクシャルな関係でなければ、別の異性に理解者がいても良くないですかね」と、主人公が選択する未来に対して、独自の考えを述べている。

 6年前の舞台『ウサニ』以来となる野島作品に、主演として参戦する真野は「プレッシャーも感じますが、背筋が伸びる思いです! 難しいことを考えずに、多恵が夢の専業主婦になるために一喜一憂して奮闘している姿を見て笑って元気になってもらえたらうれしいです」と意気込む。本作で堂々と描かれる「猫をかぶる」女性については「相手を不幸にする悪い意味での猫かぶりではないので、結婚そして夢の専業主婦を目指して先輩たちから受け継がれてきた教えを信じ自分に言い聞かせて頑張ろうとする勢いと不器用さがなんだか滑稽で愛おしいな、と思いました」と共感を示している。

 主人公に自分の借金を肩代わりしてもらうかわりにどんな命令でも従順に従うストレス発散用“ローン彼氏”役には俳優・横浜流星が決定。野島作品初参加の横浜は「非現実的な設定もありますが、新たな野島さんの世界観が詰まっていて面白い。主人公の多恵が女性の本音を代弁しているので、女性の方は共感できると思います。多恵の選択を最後まで見届けて下さい」と、話していた。

■特集サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007006



オリコントピックス