アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • KAT-TUN亀梨、もうひとつ人生があったら?「野球でどこまでいけたのかな」

KAT-TUN亀梨、もうひとつ人生があったら?「野球でどこまでいけたのかな」

 KAT-TUN亀梨和也が25日に放送される関西テレビのバラエティー番組『マルコポロリ!』(毎週日曜 後1:59〜※関西ローカル)のスタジオに出演する。芸人リポーター陣が“亀梨に聞いてみたいこと”をたずねるコーナーでは月亭八光から「もう一度、リベンジしたいことは?」と出演中の同局連ドラ『FINAL CUT』(毎週火曜 後9:00)にちなんだ質問をされ、「もうひとつ人生があるとしたら、野球でどこまでいけたのかな? とは思います」と回答する。

【写真】その他の写真を見る



 亀梨といえばジャニーズきっての野球の腕前の持ち主。小学校時代にリトルリーグで活躍し、世界大会にも出場するなど本気でプロ入りを目指していた過去を告白すると東野幸治から「だからってジャニーズの野球大会でピッチャーやって、子ども相手にインハイ突いたりカーブ投げたりすんねんよ。最低やで(笑)!」とツッコまれる一幕も。「そこは真剣勝負ですから!」と主張して、芸人リポーターらの笑いを誘った。

 収録にはドラマのみどころとなる主人公の慶介(亀梨)が、致命的弱点を捉えた映像“ファイナルカット”を復讐相手に突きつける時に必ず着ている役衣装で、意気揚々と登場。しかし東野をはじめ芸人リポーター”の月亭方正メッセンジャーあいはら、シャンプーハット千鳥ダイアンと手強い関西芸人たちからの容赦ない関西バラエティーの洗礼にあう。

 質問コーナーでは、トップアイドル・亀梨の知られざる素顔を丸裸にしようとそれぞれが事前に質問を書いたフリップを用意し、亀梨が順に指名して質問に答えていくが、肝心のドラマのPRができるのはその中に1枚だけ隠された“PR”と書かれたフリップを引き当てた場合のみ。これを当てるまでに出た質問には、どんな無茶ぶりであっても答えなければならないという厳しいルールが課せられることに…。 

 そのほか、2016年5月からの充電期間を経て今年“再始動”したKAT-TUNのメンバー3人が昨年、互いの熱い思いを確かめ合ったという緊急ミーティングの様子や、「仕事の帰りの車の中で“もっとあんなことができたのに…”と反省する日々」とストイックな一面をみせる。千鳥のギャグでツッコんできた大悟のぶっ込み質問には思わず「クセが強い!」とタジタジに。

 最後にようやく“PR”を引き当てるとて「メディアの影響力が大きい一方で、誰もが情報を発信できる今の時代だからこそ改めて感じてもらえることが多い作品」と胸を張って紹介。関西芸人から次々と放たれる、やりたい放題のボケやツッコミにも笑顔で乗りきり、「すごい距離感でフランクに絡んできてくださるので、すごく楽しかったです!」と満足げだった。

関連写真

  • バラエティー番組『マルコポロリ!』に出演した亀梨和也(C)関西テレビ
  • カンテレ『マルコポロリ!』より。(C)関西テレビ
  • カンテレ『マルコポロリ!』より。(C)関西テレビ
  • カンテレ『マルコポロリ!』より。(C)関西テレビ

オリコントピックス