• ホーム
  • 芸能
  • 『バイプレイヤーズ』第4話に里見浩太朗、ユースケ・サンタマリアが出演

『バイプレイヤーズ』第4話に里見浩太朗、ユースケ・サンタマリアが出演

 テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(毎週水曜 後9:54〜10:48分、全5回)の第4話(28日放送)に、大御所俳優・里見浩太朗が出演する。光石研が島で偶然見かけた里見そっくりな男性は、果たして本物なのか、ニセモノなのか。さらに劇中劇「テレビ東京朝の連続テレビ小説『しまっこさん』」では、ユースケ・サンタマリアが○○○○・サンタマリアとして登場。視聴率アップの起爆剤として起用されたユースケにバイプレイヤーたちが翻弄される。

【写真】その他の写真を見る


 テレ東の朝ドラに出演することになった、バイプレイヤーズ(遠藤憲一大杉漣田口トモロヲ松重豊、光石研)。ところが、なぜかロケ地を間違い無人島に漂着。5人は突然、南の島でのサバイバル生活を強いられる。そんな中ドラマの撮影は初日を迎え、代役を立てることに。しばらくして、無事、朝ドラ『しまっこさん』の撮影に合流することができた5人だが、エキストラ扱いの役になったため出番がほとんどない。しかも出演者が増えたことでホテルの空きがないことを理由に、プロデューサーが廃屋“島ハウス”での寝泊りの継続を要求。第2話では、家事全般を押し付けられた松重が孤軍奮闘する姿が描かれた。

 第3話では、朝ドラ『しまっこさん』の撮影が順調に進む中、島ハウスの居住環境も整い始めたある朝、田口が行方不明に。発見されたのはドラム缶風呂の冷水の中。前夜うっかり眠ってしまったらしく、絶対安静状態に。島おじさん役が一人欠けたため、プロデューサーは女バイプレイヤーを代役に立てようとする。島おじさんの出番が危うくなっていた頃、板谷由夏はある理由で吉田羊とのシーンに苦悩していた。そこで仲がいい田口に相談しようとするが…。

 そして、第4話に出演する里見は、「今、一番忙しい俳優さん方が集まったドラマ、『バイプレイヤーズ』に出演させていただき、テレビでは拝見していても初めての方々がほとんど。遠藤憲一さんとは一度共演がありますが、今まで私の俳優人生で味わった事がない撮影の3日間でした。面白かったです。楽しかったです。内緒の話ですが、私の演じる○○○は面白いですよ???」とコメント。なぜ、島に里見浩太朗がいるのか。その目的とは?

 一方、本人役のユースケは、島ハウスを訪れ、「ここで撮影をやろう」と言い出し、バイプレイヤーたちを振り回す役どころだが、「皆さん楽しいと言いますが、僕はただただ緊張します(笑)」と話している。



関連写真

  • テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』第4話(2月28日放送)に里見浩太朗(左)とユースケ・サンタマリア(右)が出演(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会
  • テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』第4話(2月28日放送)に里見浩太朗が出演(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会
  • テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』第4話(2月28日放送)にユースケ・サンタマリア(右)が出演(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

オリコントピックス