• ホーム
  • 芸能
  • 三世俳優・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊主演『ミッドナイト・ジャーナル』新人記者役

三世俳優・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊主演『ミッドナイト・ジャーナル』新人記者役

 祖父に三國連太郎、父に佐藤浩市を持つ三世俳優・寛一郎が、テレビ東京の開局記念ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』(同局系で春放送予定)に出演することが明らかになった。主演の竹野内豊と共に連続誘拐殺人事件を追う新人記者・岡田昇太を演じる。昨年、映画で俳優デビューした寛一郎にとっては初めてのドラマ出演だったが、「ドラマ初出演ということはあまり意識しておらず、目の前の作品を一つ一つやっていく、というだけでした」と振り返っている。

 同ドラマは、本城雅人氏の『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社文庫)が原作。誤報を打ち、飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘するヒューマンサスペンス。元新聞記者である原作者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品で、本城作品を映像化するのは今回が初めてとなる。演出は、映画『陽はまた昇る』、映画『半落ち』などの佐々部清監督が担当した。

 「被害者の女児は死亡」。中央新聞の記者・関口豪太郎(竹野内豊)と藤瀬祐里は、世間を震撼させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打ち、豪太郎は支社に飛ばされ、祐里は遊軍にされてしまった。凶悪事件から7年、豪太郎はさいたま支局にいた。新人記者の岡田を叱責しながら、粛々と事件粛々と事件を追い続ける毎日。そんな折、女児が誘拐される事件が発生する。豪太郎は7年前の連続誘拐殺人事件との関連性を疑い、祐里、岡田と一緒に連続誘拐殺人事件の真実に迫るべく、調査を始める。

 寛一郎は、昨年公開された映画『心が叫びたがってるんだ。』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に出演。今夏に『菊とギロチン』の公開も控える。「しばらくは映画しかやらない」つもりだったそうだが、「台本を読んで映画っぽいなと思いました。この台本で佐々部さんが演出して、竹野内さんが主演。どうなるのか楽しみでした。佐々部監督も映画のように撮られていたので、ドラマという感覚はなかった」と話している。

 竹野内との共演について聞くと、「お会いするのも初めてだったのですが、とてもフランクにものすごく優しく接してくださる方でした。岡田を演じるにあたっては、一概に全員とは言えませんが最近の若者をイメージしました。その若者が上司の竹野内さんの熱く直向きなやり方に良い意味で影響・感化されていく話なので、竹野内さんのお芝居にいろいろと岡田を引っ張ってもらいました」と感謝していた。



関連写真

  • テレビ東京の開局記念ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』に出演する寛一郎(C)テレビ東京
  • 主演の竹野内豊(C)テレビ東京

オリコントピックス