アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • コスプレ
  • 【レイヤー図鑑】差がつくコスプレのウィッグ使い 「“アホ毛”の動きにもこだわりたい」

【レイヤー図鑑】差がつくコスプレのウィッグ使い 「“アホ毛”の動きにもこだわりたい」

 千葉県・幕張メッセで10日と11日の2日間、ゲームファンの祭典『闘会議2018』が開催された。プロゲーマーが誕生するという話題性もあり、例年以上に盛り上がった本イベント。そんな会場に彩りを添えた美人レイヤーたちに、自身の衣装へのこだわりや、コスプレキャラへの愛着を聞いた。

 人気マンガ『宝石の国』のダイヤモンドに扮していた桐生あかりさん。原作キャラを再現するため、特にウィッグにはこだわったのだとか。「この作品のキャラたちは、それぞれ髪色がキレイなのが特長なんです。だから、ウィッグにラメを散りばめて、宝石の輝きを表現しました」と、あかりさん。

 コスプレは衣装も大事だが、あかりさんは「実はウィッグ使いが重要なんです」とコスプレテクの秘訣を明かす。「今日はカラーにこだわりましたが、“アホ毛”のあるキャラなどは、その表現を徹底的に再現します」とのこと。レイヤーとしてレベルアップを考える人は、ぜひ“ウィッグ使い”に気を配ってほしい。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス